三菱地所ホーム

 

 

 
 

CUSTOM HOME

エアロテックの空調機能

エアロテックなら、日当たりの悪い北側も、
日当たりの良い南側も
家中どこでも快適温度で過ごすことができます。
全館空調でありながら
部屋ごとに快適温度になるよう、きめ細かく対応。
家族みんなの心地よさを大切にします。

1

POINT

家全体のまるごと空調で
すみずみまで心地よい

エアロテックは、新鮮で清潔な空気が家全体をゆっくりと循環して、室内機に集まります。居室だけでなく家全体をすみずみまで快適に空調します。家の中に生まれる急激な温度差がなくなるので、冬のヒートショックの心配もなく、ご高齢の方にも安心です。

エアロテック住宅の室温変化

夏期の室温変化
冬期の室温変化

居室内断面温度分布図
(設定24℃暖房時)

エアロテック
一般のエアコン
2

POINT

部屋ごとの
温度設定ができるから
家族ひとりひとりに
細やかに対応

家族ひとりひとり、心地よいと感じる体感温度は違うもの。とりわけご高齢者や子どもがいる家庭では、その違いが大きいようです。一般的な全館空調の家はゾーン制御のため、部屋ごとの温度設定ができず、外気温や日差しの当たり具合が影響して暑すぎる部屋、寒すぎる部屋ができてしまい、快適さを求めた空調のはずが、かえってストレスの原因となってしまうことも。エアロテックは、部屋ごとに温度を設定できるので、家族みんながいつでも快適に過ごすことができます。

ゾーン制御による
一般的な全館間空調との室温比較

各室ごとに温度設定ができないため、日当たりのよい南側の部屋は室温がより高くなり、反対に北側の部屋ではかえって冷え過ぎるなど、室温にばらつきが生じてしまいます。

各室ごとに温度設定ができるエアロテックの場合は、設定した温度になるように風量を制御するため、日当たりのよい南側の部屋も、北側の部屋も、設定した適温にコントロールされます。

三菱地所ホームでは、
1995年の発売当初より
個別制御機能VAVを採用
エアロテックが家中を快適温度に維持できるのは、特許技術である可変風量制御システムVAV(Variable Air Volume Control)による各部屋ごとの設定温度コントロール※1温度制御システムABC(Auto Balance Control)のダブル制御が働いているからです。

※1設定温度は、一定のエアーコンディショナーと同様に空調の目標温度値で、あくまでも目安です。
なお、冷暖房の風と換気の風が同時に吹き出すために、設定温度と室温に差が生じる場合もあります。

可変風量制御システムVAVと
温度制御システムABCの仕組み

家中の部屋の温度を、1台のコンパクトな室内機で臨機応変にコントロールしているのが、2つの風量制御システムを同時に活用する特許技術。エアロテックならではのシステムです。そのひとつは、可変風量制御システムVAV(Variable Air Volume Control)。各部屋に設置された吹出口の中に、「電動ダンパー」と呼ばれる開閉する羽根を設置。予めどの部屋にどれくらいの量の風を取り入れるか計算して、羽根の動きをコントロールします。もうひとつの温度制御システムABC(Auto Balance Control)は、来客などによる特定の部屋のみの在室人数の増加や、生活パターンの変化により、部屋の使い方が一時的に変わった時などに、効果を発揮します。VAVによる調整では制御しきれず、十分に温湿度の調節ができないとABCのセンサーが認識した時に、VAVの電動ダンパーを自動で開放。イレギュラーなケースに対応します。

VAV ユニットのしくみ(夏・設定温度27℃の場合)

温度制御システムABC

エアロテックでは、
予め各吹出口の冷暖房能力を
設定しています。

エアコンを買うとき部屋の広さに併せて大きさ(kW)を決めるように、エアロテックでは、お引渡し時にお部屋ごとにお部屋の広さなどに合わせて各吹出口の冷暖房能力を設定しています。それに合わせて各部屋最適な温度になるように、風量を調節するVAV制御を採用しています。すべての部屋に、必要な空気が運ばれるように、お部屋の温度と能力設定に合わせて、吹出口内の電動ダンパーでバランスを調整します。

それだけでは
制御しきれなくなってしまう
ケースも…

例:Aの部屋に人が集まりすぎて、
部屋が冷えにくくなってしまった。

Auto Balance Controlなら

各部屋のコントローラーで温度の変化を常にウォッチしながら、なかなか設定した温度に達しないと、予め設定された冷暖房能力を自動で調節します。従来作業員が出向いて手動で調節していましたが、日々の使い方の変化、将来的な生活パターンの変化、気象状況の変化に合わせて、エアロテックなら、「Auto Balance Control」によって、タイムリーに機械自身で調整して対応してくれます。

3

POINT

空気も家の一部だから、
設計士がデザイン
「ダクト
レイアウトシステム」

快適な空気環境をつくりだす「エアロテック」は住宅の基本性能。だから設計士自らが一邸一邸のプランと一緒にダクトレイアウトの設計も行います。これにより空調効率だけでなく、室内のデザインと住み手のライフスタイルも勘案したトータル的な住空間のご提案ができるようになりました。

エアロテックのダクトレイアウトシステムが
2014年度のグッドデザイン賞を受賞。

4

POINT

ちょっと肌寒い梅雨時には、
室温を下げずに快適除湿

「再熱ドライ方式」で、除湿性能がひときわ快適に。1台の室外機で除湿し、残りの1台で加温する画期的な連係機能です。ジメジメしているのに肌寒い、そんな時でも、室温を下げることなくすっきり除湿。快適な室温環境を実現します。

※エアロテックFitは仕様が異なります。