人と地球環境にやさしい設計へのこだわりが、お客様の理想の家を支えます。

wooden-house-design-ttl1

三菱地所ホームと
地球への4つの配慮

三菱地所ホームは、環境への配慮と環境負担の低減、地球環境の保全に努め、持続可能な社会を実現するために、地球との約束として次の4つ点を「三菱地所ホームの環境設計指針」に据えています。

約束1 自然エネルギーの有効活用
約束2 環境に優しい建物性能の確保
約束3 国産間伐採の活用
約束4 スマート機器の利用

“快適・健康で省エネルギーな住宅”を提供するとともに、ツーバイフォー業界の環境配慮トップランナーを目指します。

三菱地所ホームと地球への4つの配慮

wooden-house-design-ttl2

wooden-house-design-image2

永く快適に暮らすための、
独自の設計基準

家族の誰もが、いつまでも安心して暮らせる家であるため、三菱地所ホームでは、将来のライフスタイルの変化や高齢化も視野に入れた7つのポイントを設計のベースに考えています。

1床の段差を、できる限りなくす。
2身体を支える、手摺りを設ける。
3出入口の幅に、ゆとりをもたせる。
4生活動線を考慮してゾーニングする。
5室内を明るくする、見やすくする。
6使いやすいユニバーサルデザインの器具を採用する。
7温度差の少ない、健康的な家にする。

設計の配慮と設備の提案で、確かなセキュリティを実現

防犯で大切なことは、セルフ・ディフェンス(自己防衛)です。自分の家は自分で守るという意識が重要で、基本は侵入を許さないことです。

門塀で、敷地内で、家への侵入口で、防犯対策を2重3重に施すことで侵入を未然に防ぐ確率が高まります。

1 敷地に入りにくくする。
2 視線の死角を作らない。
3 住宅に近づきにくくする。
4 ドアや窓を強化する。

この4つの防犯ポイントのもとに、設計、仕様、設備を総合して防犯対策を提案しています。

wooden-house-design-image3