CONCEPT

BOTANICAL RELAXATION

CONCEPT

住み始めたその日からずっと、花や緑に囲まれた時間を過ごしていただきたい。三菱地所ホームはそう願っています。
BOTANICAL RELAXATIONは、後から付け足すのではなく、建築とグリーンを一体で考える新しい家づくり。
住まう方の感じ方や緑視率、空間の使われ方を意識して、グリーンの種類・量・位置、照明や風の通り道をデザインします。
森の樹々に囲まれているときの安らぎや公園にいるかのような心地よさ。
植物が持つ自由な感覚、瑞々しい生命の輝き。目で見て、音を聞いて、香りを楽しみ、手で触れて、家中どこにいても自然を感じられる
健康的で豊かな暮らしを、心を込めて、一邸一邸デザインします。

※掲載の植栽写真は全てImage Photoです。
garden benchガーデンベンチ
「柔らかな木漏れ日」
「安らぎと憩いの場」
「葉の揺らぎ、透光と陰影」

家族を見守る大きな木、例えば「フィカス・アムステルダム」。たっぷりと茂る葉の緑とすっきりした樹形が、邸宅に瑞々しく力強いシンボルを描きます。幹の周りには、ほっと一息つける瀟洒なベンチを。葉を透かす木漏れ日と安らかな場の空気が、我が家に帰ってきた歓びを感じさせてくれます。ふとベンチに腰かけて新しいレシピを考える。今日一日のことを互いに語り合う。大きな木を中心に、家族の心がつながっていきます。

完成イメージ
green nicheグリーンニッチ
「四季折々の色彩と香り」
「フォトジェニックな空間」
「日常の物語、発信と共有」

庭やテラスで咲いた花をドライにして飾る。季節の花を一輪挿しにする。グリーンニッチは、一日一日を丁寧に、四季の変化を感じながら暮らすためのスペースです。日常の一コマを発信するこの場所は、ボードを使って家族の予定や今夜のメニューを共有するのにも最適。ホームパーティでは、季節の植物の演出が食材の旬を際立たせます。近寄れば、ほのかに漂う植物の芳香。香りを共有することも、このアイテムの醍醐味です。

完成イメージ
botanical shoes boxボタニカルシューズボックス
「美しい陰影」
「迎賓の舞台装置」
「心に訴える、侘び寂び」

特徴的な樹形を持つ「シェフレラ」や「ポリシャス」と、「カレックス」などの繊細な下草が彩るシューズボックス。建築と有機的に調和する草木が、邸宅の玄関に優雅な風景を描きます。優しげな気配を漂わせる緑は、住まう方を出迎え、奥へと導く舞台装置。白い壁に映る枝葉の陰影も侘び寂びを感じさせる演出の一つです。計算しつくされた迎賓のグリーン。心に語りかける自然の美が、邸宅の個性になっていきます。

市川ホームギャラリー
green shelfグリーンシェルフ
「柔らかな境界」
「空間の主役となる存在感」
「見え隠れする空間、時間の共有」

リビングやダイニング、キッチンを“隔てながらつなぐ”柔らかな境界。程よい透過性を持ちながら、端正な意匠と植物によってインテリアの主役ともなるグリーンシェルフが、視線や気配が流れるように行き交う美しい住まいを実現します。植物は下垂の「ディスキディア」や立性の「アスパラガス」、低木の「シェフレラ」などを思い思いに。グリーン越しに見え隠れする空間や家族の姿を互いに確認しながら、同じ時間を共有できます。

参考写真
市川ホームギャラリー
garden tableガーデンテーブル
「爽やかな安らぎ」
「瑞々しい生命力」
「洗練された和の感性」

シャープなデザインのフレームとガラスの天板に、たおやかな下草の鉢植えを組み合わせたガーデンテーブル。ガラス越しに見える生き生きとした緑が、団らんのひとときに爽やかな安らぎを運びます。端正な佇まいのテーブルは、玄関に設置すれば優雅な迎賓のインテリアに。「カレックス」や「ダバリア」など日本に自生する植物を選定することで、格子や和室と相まって、洗練された和のイメージを深めるアイテムとなっています。

市川ホームギャラリー
green chandelierグリーンシャンデリア
「ふわりとした揺らぎ」
「宙に浮かぶシルエット」
「視線の誘導、気持ちの高揚」

宙に浮かぶ鮮やかな自然の色彩が、家族の時間をそっと見守るグリーンシャンデリア。それは、しなやかに垂れるツルと葉が愛らしい「ポトス」や「グレープアイビー」をあしらった照明器具です。住まう方の視線を、さりげなく上へと導く頭上のグリーン。忙しい朝には心のゆとりを、ティータイムには優雅な気分を誘います。ふわりとした植物の揺らぎ、逆光に映るシルエットも、空間にこれまでにない豊かさを演出する美の要素です。

市川ホームギャラリー
fountain garden tableファウンテンガーデンテーブル
「水の揺らぎ」
「静寂を深める水音」
「公園のようなリビング」

柔らかな光を照り返す水面の揺らぎ。さらさらと流れ落ちる水の音。「ペペロミア」などの可憐な下草と一体になった水景が、室内に贅沢な潤いを描きます。テーブルの足元を覆うのは、低木の「シェフレラ」、あるいは立性のシダ類「プテリス」や「ピレア」。優雅に、爽やかに、野の風情が広がります。水と緑が彩るリビングのシンボル。気がつくと自然に人が集まり会話が交わされる、安らかな憩いの場が生まれます。

市川ホームギャラリー
green floorグリーンフロアー
「切り取られた日常の風景」
「ふとした気づき」
「さりげない自然の美」

子どもの頃、道端にしゃがみこんで触れたクローバーやタンポポ。グリーンフロアーは、そんな何気ない野を愛でる感性を大切にしたアイテムです。「スパティフィラム」や「ペペロミア」をスタイリッシュに植え込んだり、よりナチュラルに「エンダニカ」や「プミラ」をあしらったり。日常の風景を切り取ったかのようなさりげない自然、ふと覗き込んで触れてみたくなる植物が、気持ちをそっと和らげる癒しの効果をもたらします。

完成イメージ
完成イメージ