実例紹介

ホームパーティーでジャズセッション

家づくりのきっかけ

広々とした空間で音を楽しみたい

1
構造 木造住宅
階数 2階
敷地面積 275.63m²
延床面積 244.14m²
家族構成 Nさま 奥さま ご長女 ご長男

うちは家族全員が楽器を弾くので、気兼ねなく演奏できる住まいにしたかったんです。
私はピアノを30年以上弾いていますし、主人はバイオリンを、息子はドラムを、娘はピアノを弾きます。以前の家でも知人のチェロ奏者を招いたりしましたが、もっと広いスペースで音楽を楽しみたいと思ったのが、家を建てるきっかけとなりました。


我が家のメインテーマ

ホームパーティーでジャズセッションできる家

私たちが望んだのは「ホームパーティで音楽を楽しめる家」。
実際新しい家になってからは、ホームパーティーの回数が増えました。プロのミュージシャンを招いて、お客さまにくつろいでいただきながら、食事やワインを楽しんでもらっています。皆さんには、ホテルのラウンジで過ごすような贅沢な時間を喜んでいただけているようです。
ときどき家族でセッションをするときもありますよ。そうした家族の時間も大切にしたいと思っています。

2

こだわりポイント

音で満ちていく壮大なリビングダイニング

3

グランドピアノのあるリビングとワンフロアで続くダイニングは、とても広々として居心地がいいです。プロの演奏家の方も感心するくらい、奏でる音楽を部屋いっぱいに心地よく響き渡らせてくれます。
高断熱高気密で外の音も気にならないし、中の音も外には聞こえにくいようです。
ピアノとかドラムとか、大きな音を出してもご近所から苦情を言われるようなこともなくて、ジャズのライブをしたときなどは、「窓を開けてくれたらいいのに」と、言われたくらいです。


三菱地所ホームで建ててよかったこと

快適さと安心感を提供してくれたこと

音楽を楽しみたいという気持ちで建てた家ですが、住んでみてから良かったな、という点がいくつかあります。
まずは、全館空調システム「エアロテック」です。とにかく一年中、家にいることが気持ちいいんですね。結露やカビは、この家に住んでからは無縁です。
それから、地震の揺れに強いこと。私は、とにかく地震が嫌だったんですが、結構大きな地震でもほとんど揺れません。とても安心して暮らせるのがいいですね。

4

Photo Gallery


この実例を見ている人は、こんな実例も見ています