実例紹介

自宅でお菓子教室

家づくりのきっかけ

お菓子教室を開きたい、その夢のために

1
構造 木造住宅
階数 2階
敷地面積 170.98m²
延床面積 154.01m²
家族構成 Mさま 奥さま お子さま

マンションなども沢山見ましたが、広さと価格に納得がいく物件を見つけることができませんでした。 また、お菓子づくりが好きで、会社を退職してから専門学校に行き、その後、フランスへお菓子留学をしたんです。帰国してからはその経験を生かして、自宅でお菓子の教室をしたいと思っていました。だから、キッチンは自分の思ったとおりのものがほしくて。それを実現するには、やはり戸建じゃないとできないと思い、家づくりを考えました。


我が家のメインテーマ

使いやすいキッチンと集うダイニング

お菓子をつくること、生徒さんを招くことを考えて、お菓子教室用のキッチンとくつろいでもらうためのダイニングが家づくりの軸となりました。
お友達や生徒さんは、うちに来られるたびに「素敵な家」といっていただけて、みなさんにも喜んでいただいています。
お菓子は、家族のためにつくることもあります。家族のお気に入りは、チョコレートムース。それから、こだわりのキッチンで娘と並んでクッキーをつくったりして、家族との時間も楽しんでいます。

2

こだわりポイント

非日常を楽しんでもらう空間

3

一番のこだわりは、業務用のメーカーにキッチンの設計をお願いしたことです。それから、趣味で集めている食器を収納する食器棚。食器の大きさやグラスの収納方法、カトラリーを入れる引き出しなど、細かいところまで考えました。
また、生徒さんに非日常を感じていただけるような空間をつくりたいと思っていたので、1階のつくりにはこだわりました。全体的に白と茶色の建具を選んで、モダンな雰囲気に仕上げています。


三菱地所ホームで建ててよかったこと

一定の室温と広い空間

エアロテックにしたので、室温を気にすることなくお菓子づくりをすることができます。パイ生地づくりをするときは、室温が大切なのですが、夏場も一定に保てるのでとても助かります。
また、エアロッテックだとドアがなくて室内が広く感じますし、エアコンがないので部屋がすっきり見えるのもいいですね。

4

Photo Gallery


この実例を見ている人は、こんな実例も見ています