実例紹介

5mの吹抜けが心身をほぐす

家づくりのきっかけ

5mの吹き抜けが心身をほぐす

1
構造 木造住宅
階数 2階
敷地面積 295.40m²
延床面積 294.63m²
家族構成 Nさま 奥さま お子さま

リビングの吹抜けは、高さが5メートル、広さは25畳ほどでしょうか。中庭に面した大きな窓からは、光がたっぷり入ってくるので部屋が明るいし、とても気持ちがいいんです。 この吹抜けにいると、ゆったりし過ぎて時間がたつのも忘れてしまうくらい(笑)。

うちは、都市の環境に配慮して設計されたコートハウスなんですが、家の設計をお願いして見せてもらったのが、中庭側に開いたオープンなプランニングでした。他では感じられないオリジナリティに、主人も私も一目で気に入りました。

リビングから、2階にいる子供たちの気配が感じられるのも気に入っています。また、2階には中庭に面してインナーバルコニーもあり、どの部屋からも緑が見えるんです。こんなに大きな窓がいくつもあって、周りも建て込んでいるのに、外から家の中を覗かれる心配が無い。プライバシーが保てることも、この家がリラックスできる大きな理由のひとつだと思います。

だから、陽射しの強い夏以外、リビングのブラインドは夜9時ごろまで開け放ったまま。この家に暮らし始めてからは、休日の夜、照明に浮かび上がる中庭の景色を眺めながら、主人とワインを楽しむ時間が生まれました。


Photo Gallery