実例紹介

家族と共に増えた物をスッキリ収納できる家

家づくりのきっかけ

家族の成長と共に増えた物をスッキリ収納できる家が欲しい

6
構造 木造住宅
階数 2階
敷地面積 575.33m²
延床面積 454.71m²
家族構成 Kさま、奥さま、ご長男・次男・三男、愛犬

我が家は、男の子が3人。家族が増え、子どもが成長するにつれて、以前の住まいはだんだんと手狭に感じるようなりました。それにあわせて物もどんどん増えていき、収納スペースも足りなくなってきました。子どもたちにはもっとのびのびとした空間で育ってほしいと思い、収納スペースもたっぷり確保できるような住まいづくりを思い立ちました。


我が家のメインテーマ

長く暮らしても、飽きがこないデザイン

みなとみらいのホームギャラリーを見学したときにすごく気に入ったデザインの家があり、その希望を伝えて設計者から提案していただいたのが、この住まいです。
重厚感がありいつまでも飽きがこないデザインが、とても気に入っています。

それから、我が家にはスタディーホールというものがあります。簡単に言ってしまうと、子どもの勉強部屋なのですが、「兄弟3人が図書館で勉強している」というイメージを実現させた部屋です。
壁の書棚にはいろいろなジャンルの本が並んでいて、中央にある大きな木のテーブルも、子どもたちがリラックスしながら勉強に向かえるような雰囲気をつくっています。

2

こだわりポイント

和みの時間を愉しむ

3

妻に茶道の心得があったので、新しい家には茶室を設けることにしました。
せっかくつくるなら本格的なものにしようと、8畳間の続き間にして、金の襖などをはじめ、町屋やつくばいなどいろいろなところにこだわりました。茶室の前には日本庭園もつくり、とても満足のいく和みの空間となりました。


三菱地所ホームで建ててよかったこと

エアロテックがつくりだす、居心地の良さ

私と妻の間にはどうも体感温度に差があるらしく、これまで使っていたエアコンでは、お互いが調度良いということがなかなかありませんでした。でも、この住まいに採用したエアロテックでその悩みを解消できました。そして、住んでみて実感したのは部屋の埃が少ないこと。一年中、クリーンで快適に暮らせる安心感があります。

また、28畳のリビングは2階のスタディーコーナーにつながる大きな吹き抜けになっていて、窓が南に面しているので陽の光もたっぷり入り、冬場はとてもあたたかく過ごしやすいです。

5

Photo Gallery