• ホーム
  • コラム
  • 新築のキッチンで人気のものは?よくある失敗と後悔しないためのポイント

新築のキッチンで人気のものは?よくある失敗と後悔しないためのポイント

目次

もしも家を新築する予定があるなら、毎日使うキッチンにはこだわりたいところです。後悔しないため、キッチンに求められるポイントを押さえて計画を立てましょう。また、失敗例も踏まえておくと、自分の家のキッチンに活かせます。この記事では、新築におけるキッチンでよくある失敗、注意したいポイントを解説していきます。

1.自分に合ったものを!人気のキッチンの種類

まずは人気のインテリアを知っておきましょう。以下、よく採用されているキッチンの種類を紹介していきます。

1-1.システムキッチン

コンロやシンク、収納設備などが一枚板のワークトップ(天板)によって一体化しているタイプのキッチンです。全体的に継ぎ目やすき間がなく、インテリア的にもスタイリッシュな印象をもたらします。システムキッチンの大きなメリットは、作業の工数を大きく減らせることです。使いたい機能が集中しているので、調理中にあちこち動き回ることがありません。1カ所に立ったまま、さまざまな作業を進めていけます。また、手入れが楽なのも特徴のひとつです。デザイン性の高さもあいまって、多くの新築住宅で人気です。

1-2.対面キッチン

リビングやダイニングと向かい合った状態で家事をできるキッチンの総称です。最大のメリットは、コミュニケーションの活性化でしょう。調理している間も家族と顔を見ながら会話できます。また、幼いお子さんを常に見守れるのも人気の理由です。さらに、対面キッチンでは前面にダイニングテーブルを置くこともあります。すぐ近くにテーブルを持ってくれば、配膳や片付けが簡単です。毎日の手間を減らせるデザインだといえるでしょう。

1-3.アイランドキッチン

まるで島のように、キッチンの周囲が壁と接していないデザインです。開放感があって、自由に動き回れるのがメリットです。キッチンでありがちな、物にぶつかってしまうトラブルを防げます。また、複数の人間が調理を行うときにも便利です。家族で団らんしながら調理を楽しんだり、人が活発に行きかうホームパーティーなどに向いています。おしゃれに改造する余白を広く残しているのも魅力でしょう。

1-4.壁付けキッチン

背面キッチンとも呼ばれ、その名の通りキッチン台が壁に取り付けられているキッチンのことです。キッチン台が壁に沿って設置されているため、リビングスペースを広く取ることができます。都内の狭小住宅等で特殊な形の間取りになる場合でも、フレキシブルにキッチン・リビングを配置できるのは魅力の1つと言えるでしょう。

1-5.コの字型キッチン

三方向に調理台、シンク、コンロなどの調理スペースが配置されたキッチン。「コ」の字や「U」の字のように見えることから、「コの字型キッチン」や「U型キッチン」と呼ばれています。広くゆったりとしたスペースを確保できるため、のびのび調理することが可能。さらに、収納スペースが豊富かつ、動線がコンパクトなため、調理効率を高めたい方にはおすすめのキッチンです。

2.新築のキッチンの失敗例

気をつけたいのは、インテリアにこだわるあまり「収納スペースが少なくなる」パターンです。あるいは、収納スペースを高い場所に取り付けるなどして、活用しづらくなったキッチンも心配に含まれるでしょう。収納スペースは十分かつ、すぐに使える場所にあるのが原則です。また、収納棚の間仕切りが邪魔になり、大きなものを入れられなくなることもありえます。

アイランドキッチンでは、「リビングへの影響」も考えるべきです。アイランドキッチンは相応の面積がないと設置できません。もしもリビングを削ってキッチンを作ってしまうと、家族が団らんできるスペースは減ってしまいます。また、「食器洗い乾燥機」のように賛否が分かれる設備も少なくありません。手間を省きたい人は「あればよかった」と考えますし、スペース重視の家では「不要だった」と思えてきます。計画段階で、本当に必要な設備をしっかり想定しておきましょう。

そのほか、キッチンで利用する家電に見合った「十分なコンセント」があるかも確かめておきたい点です。後になって「コンセントが足りていない」「同時に使うとブレーカーが落ちてしまう」といったトラブルが起きれば、毎日の調理に支障をきたします。そして、キッチンを使う当人の好みにも合わせることが肝心です。「調理スペース」「台の高さ」「動線」といったポイントは当人にしか判断できません。事前に、キッチンに立つシミュレーションを明確にしておきましょう。

3.新しいキッチンに後悔しないためのポイント

キッチンを新築住宅に設けるときの楽しみは、とにかく自由が利くことです。自分のライフスタイルに合わせて、ゼロからキッチンをプロデュースできるのです。ここからは、自分だけの素敵なキッチンを生み出すポイントを紹介します。

3-1.十分な収納の確保

キッチンには調理器具や食材、食器など、収納しておくものがたくさんあります。十分なスペースを確保しておかなければ、ものが散乱して使いにくい場所になってしまいかねません。また、収納スペースの位置も大事です。使う場所の側に必要なものが収納してあることが鉄則です。たとえば、コンロから遠くない位置にフライパンや鍋があるなど、配置を考えましょう。

さらに、スペースを有効活用するなら吊り戸棚を設けるのも得策です。動線を邪魔せず、一定のスペースを得られるので便利です。ただ、高い場所に設けすぎて、使いにくくなる事態には注意しましょう。戸棚の中を確認できる高さにすることも大事です。そのほか、調味料や長期的に保存できる食材を置くために、パントリーをつける方法もあります。

3-2.適切な高さやサイズにする

キッチンの理想的な高さ、サイズは使う人の体格に合わせることが肝心です。新築のキッチンは好きなように設計できるため、よく使う人の感覚に合わせましょう。ちなみに、ワークトップの高さを考える際には「その人の身長÷2+5cm」が基準となります。腰を曲げすぎず、腕を自由に動かせるくらいの高さが使いやすいといえます。

なお、間口(横幅)はできる限り広くとれることに越したことはありません。調理スペースが広くなれば、周囲を気にせずに作業できるからです。しかし、シンクとコンロの移動距離が長くなると面倒なので、バランスを考慮したいところです。さらに、キッチンは面積だけでなく通路幅も大切といえます。通路が狭いと手間なだけでなく、人と物がぶつかって大事故が起こりかねません。複数人数で調理するのも大変になるので、通路は十分に確保しましょう。

3-3.動線を考慮してストレスのない空間にする

キッチンとパントリー、もしくは、キッチンとお子さんが遊ぶ部屋などは、できるだけ近くにあると楽です。特に、幼いお子さんは常に見守っておかないと、ささいなことが大事故につながりかねません。そのほか、家によっては「キッチンからすぐ水回りに行けると便利」などというポイントがあるでしょう。それぞれの家庭によって、動きやすいルートは変わってきます。最短距離の動線が確保できているかは、打ち合わせ段階で入念にチェックしたいところです。

さらに、キッチンでは「行き止まり」や「家族同士のかち合い」がとても面倒になります。動線が狭いとすれ違うことができず、人数が増えただけで作業を止めなくてはならないのです。家事をするときの動線をイメージしながらキッチンを設計しましょう。

3-4.コンセント数やアンペア数を計算する

朝起きてキッチンに立つとき、同時に稼働させる家電はたくさんあるでしょう。炊飯器や電気ケトル、トースターなど、家庭によってはかなりの数になります。その際、十分なコンセントやアンペアがないとトラブルにつながります。仕方なく、「炊飯器を使いたいのにレンジの後まで待たなくてはならない」といったことになれば、毎日のようにストレスは溜まっていくでしょう。家事にかかる無駄な手間も増え、貴重な朝の時間を効率的に使えません。

特に、家族の多い家では自由に電力を使えないと不便なことがあるので、コンセントやアンペアには注意したいところです。朝になると、誰が何を使うのかまで考えてキッチンの計画を立てていきましょう。

使いやすくておしゃれなキッチンを作るならプロとしっかり相談を

新築の間取りや設備を決めるのはとても楽しい時間です。しかし、家の設計にかかわった経験がない人であれば、不安や疑問も大きいはずです。キッチンを新しく作るのであれば、プロフェッショナルの力を借りましょう。三菱地所ホームは経験を武器に、顧客の要望をフルオーダーの家で実現できます。まずは資料請求してみるのがおすすめです。