新築の庭づくりはどうする?後悔しないためのポイントとデザイン集

目次

自宅の庭

庭があると、花壇を作ったり子どもやペットの遊び場にしたり、外でBBQをするなど、楽しみが広がります。しかし、庭の手入れが気になり、不安に思う人も多いでしょう。

 

そこで、今回は後悔しないための庭づくりのポイントや新築工事後に庭づくりをしてもよいのかについて解説します。また、おしゃれで使い勝手がよい庭のデザインも紹介します。

1.そもそも庭は必要?庭を作るメリット・デメリット

ガーデニングを楽しむ親子

戸建てを建てるときに庭を作るべきか、どのくらいの大きさにするべきか、など庭について悩む人もたくさんいます。庭を作るメリットは、子どもたちの遊び場を確保できること、ガーデニングや家庭菜園を楽しめること、明るさを確保できることです。また、配置を工夫することで、プライバシーが確保できます。

 

デメリットとしては、手入れやメンテナンスが必要になることと、庭の面積の分だけ居住スペースが小さくなることです。具体的にどのような手入れが必要になるかは、どのような庭にするのかによっても変わります。しかし、ある程度管理の手間と費用がかかってしまうのは避けられません。

 

それぞれのメリットとデメリットを比較した上で、庭を導入するべきか検討しましょう。

2.一般的な庭の仕上げ方法と特徴について

庭の工事

庭を作るとなった場合に考えるべきことは、砂利にするのか、芝にするのかという仕上げの問題です。どのような状態にするかで、見た目の印象が変わるだけではなく、費用やどのようなメンテナンスが必要になるかが変わります。

2-1.土のまま

庭の最も簡単かつ安価な仕上げかたは、土のままにすることです。緊急性がある工事ではないため、新築後に予算の余裕がない場合には、庭をそのままにすることがあります。

 

しかし、この方法は見栄えがよくないだけでなく、複数のデメリットがあります。具体的には、雨でぬかるみやすいこと、雑草が生えやすいこと、砂ぼこりが立ちやすいことなどです。そのため、管理の手間を考えると、なんらかの仕上げを施した方がよいでしょう。

2-2.砂利

細かい石を敷き詰める砂利での仕上げは、見た目がすっきり仕上がります。また、雑草が生えにくく、歩くときに音が出るため、防犯対策に効果的です。水はけがよく、劣化もしにくくなっています。砂利の色や形、大きさを選ぶことで、見た目の印象が大きく変わるため、好みのデザインに仕上げやすいでしょう。

 

ただし、やや歩きにくさを感じることがあり、ベビーカーや自転車などは通りにくい、落ち葉などのゴミが掃除しにくい点がデメリットです。

2-3.芝生(天然芝・人工芝)

芝生で仕上げをすると、緑を感じつつ遊びやすい庭にできます。人工芝と天然芝の2種類がありどちらにするのがよいか悩む人も多いです。天然芝は施工費用が安い代わりにメンテナンスの必要があります。ただし、メンテナンスさえしていれば、半永久的にやりかえの必要はありません。

 

人工芝の場合は施工費用が天然芝より高くなりますが、メンテナンスは不要で、1年中きれいな庭を維持できます。ただし、寿命が長くても10年ほどで、やりかえの必要があります。それぞれ一長一短なため、目的に合わせて選ぶとよいでしょう。

2-4.コンクリート

コンクリートは耐久性が高く、メンテナンスのしやすさが特徴です。掃除も簡単で、ほうきで掃く、水で洗い流すなどの方法で掃除できます。雑草が生える心配がなく、タイルなどを敷き詰めて見た目を整えて楽しむこともできるでしょう。

 

しかし、デメリットとしては、照り返しが強くて暑くなることと、ガーデニングができなくなることです。鉢で育てることはできるものの、樹木は植えられず、本格的なガーデニングには向きません。ガーデニングをする予定があるのであれば、一部を土のままにしておく必要があります。

3.後悔しない庭づくりのポイント

犬と子どもが庭で遊ぶ様子

庭は作り替えるのが大掛かりで、費用がかかるため、失敗したくない工事でしょう。しかし、選択肢が多く、悩むことも多いです。ここでは庭づくりで後悔しないためのポイントを紹介します。

3-1.庭の使い道を考える

庭の用途をどのようにするか、なんのために使うのかをまず考えましょう。ありがちな失敗としては、憧れだけで用途を考えずに、仕様を決めてしまうことです。庭の用途を考えると、必要な仕上げや設備がみえてきます。

 

庭でBBQやパーティーをしたいなら、ウッドデッキをつけるのがよいでしょう。また、子どもや犬が走り回る場所を作るなら、芝を採用するのがおすすめです。また、庭のデザインを楽しむならガーデニングや植栽を取り入れる方法があります。

3-2.手入れができるかどうか

庭を作る場合、メンテナンス性をよく考えましょう。庭の設備や仕様によっては細かいメンテナンスが必須で、放置すると大変なことになる場合もあります。ガーデニングが好きで、メンテナンスが苦にならなければ、天然芝を取り入れ、土などを入れてガーデニングを楽しむのもよいでしょう。

 

しかし、家族みんなが忙しくて手入れに十分な時間が避けない場合には、人工芝やコンクリートがおすすめです。メンテナンスが最小限で済み、掃除も簡単にできます。

3-3.駐車場・駐輪スペースの確保

駐車場や駐輪場のスペースが必要なら、そのスペースを確保した上で、庭の大きさを決めることが大切です。駐車場や駐輪場は後から変更が難しく、工事をしなおすと高額な費用がかかります。生活への影響が大きいため、慎重に検討する必要があるでしょう。

 

考えるべき点は車や自転車の台数、車の大きさです。将来どのような車を利用するのか、大きな車に買い替える予定があるなら、その分の広さを確保する必要があります。駐車場や駐輪場のスペースを確保した上で、庭の面積やデザインを決めるようにしましょう。その際、面積を確保するだけではなく玄関までの動線もよく考えておくと、荷物が多いときや雨の日などでも車や自転車を降りたあとの移動のストレスが小さくなります。

4.庭の工事は新築時にするべき?

庭の図面

庭の工事は緊急性が低く、新築後に徐々に整えていこうと考える人もたくさんいます。また、外構業者に直接発注して費用を安く抑えたり、DIYをしたいという人も少なくありません。

 

しかし、外構工事をあとからしようとすると、トラブルの原因になることがあります。たとえば、カーポートを取り付けたい位置に水道管があって取り付けができないなどのトラブルが起こりがちです。また、外構工事を始めるとその期間は駐車場が利用できず、生活に問題が生じる場合もあります。

 

そのため、庭づくりにおいても間取りを考えるときにある程度の形にして、ハウスメーカーにアドバイスをもらったほうが安心です。外構工事を一緒に依頼できるハウスメーカーもあるので、設計担当者に相談してみましょう。

 

とくに、家と庭を調和させたデザインにするのであれば、新築時に庭の工事をするのがおすすめです。

5.おしゃれな庭のデザイン集

どのような庭にするべきか、デザインに悩む人もたくさんいます。建物とバランスをとっておしゃれな庭を作るのは簡単ではありません。建物と庭が調和した美しい庭のデザイン集を紹介します。

5-1.木漏れ日が心地良いアウトドアリビング

オーナーさま邸

(オーナーさま邸)

こちらは砂利と植栽を効果的に取り入れ、木漏れ日が心地良いアウトドアリビングです。窓の側はコンクリートの上からタイルで仕上げており、黒をベースにシックな印象になっています。

 

タイルは掃除が簡単にでき、メンテナンスの手間がかからないため、ソファーでくつろぎながら、ゆっくりとした時間が過ごせます。

 

植栽が植えてある部分以外には砂利が敷き詰められており、雑草の影響を最小限に抑えられた庭になっています。石畳があるため、歩くのにも不便しません。

5-2.趣味を楽しむ和風庭園

オーナーさま邸

(オーナーさま邸)

こちらは完全二世帯住宅で、趣味であるガーデニングを楽しめる和風の庭園です。東側の敷地の奥行きは1.5mあり、隣の公園の緑も植栽に見立てることで、ゆったりとした広さの庭園を実現しています。和風庭園はリビングから見える位置にあり、趣味の空間をリビングからも楽しめるこだわりのデザインです。南側には、ローズガーデンを作り、また、別の趣が楽しめます。

5-3.水面が癒す穏やかなひととき

千里ホームギャラリー

(千里ホームギャラリー)

こちらは千里ホームギャラリーの写真で、水面を取り入れた庭です。2階を屋根にしたウッドデッキを作り、ソファーでくつろぎながら、雨に濡れる心配をすることなく、庭の景色が楽しめます。水の音が心地よく、その外には広大な芝をベースにしつつ、石を効果的に取り入れた景色が広がっています。

 

景色と音の両方で楽しめ、贅沢な時間が過ごせる特別なお庭です。

6.統一感のある素敵な庭を作ろう

千里ホームギャラリー

(千里ホームギャラリー)

三菱地所ホームでは、建物と庭を一緒に設計した統一感のあるおしゃれな庭の実例が豊富にあります。ぜひ一度、設計担当者に庭の設計まで含めて相談してみてはぜひ一度、設計担当者に庭の設計まで含めて相談してみるのがおすすめです。ご家族にあった後悔しないお庭づくりをサポートします。

 

【来場予約はこちらから】