新築のロフトを活かして+αの暮らしを満喫するコツ【家づくりの実例】

目次

ロフトイメージ

せっかく家を建てるなら、自分たちらしいこだわりを取り入れたいですよね。とはいえ、部屋を増やすことは難しい…。そんなとき、家に+αの楽しみを取り入れる手法として、ロフトを活用する方法があります。

 

そこで、ロフトを作るメリットとデメリットを知り、我が家ならではの魅力的なロフトを作りましょう。

1.そもそもロフトとは?

ロフトとはもともと小屋裏収納と呼ばれる、屋根裏にある部屋のこと。現代の住宅では、天井の高い部屋の一部を2層式にし、上部に設けたスペースのことを指します。まずはロフトの基本的な特徴について押さえておきましょう。

1-1.階段を固定できないなどの制約がある

日本のロフトには、建築基準法などによって以下のような制約があります。

 

・高さは1.4m以下

・広さは直下の階の床面積の2分の1未満

・自治体によっては階段を固定できないなどの制約もあり

 

ロフトを作る場合には、これらの制約に沿った設計にする必要があります。制約は自治体によっても異なるため、事前に確認しておきましょう。

1-2.固定資産税を抑えて+αの空間を実現

上の制約を満たしていれば、ロフトは階数を増やすことなく面積を広げられ、固定資産税を抑えて+αの空間を実現可能です。

 

予算に問題がない場合でも、土地に対して建てることができる建物の延床面積の割合は決められているため、それを超えて部屋を作ることはできません。そんなときも、条件を満たすロフトであれば床面積に加算されないため、延床面積を増やすことができるのです。

2.新築の家にロフトがおすすめな理由

新築のロフトイメージ

新築の家にロフトを設けることで、生活の幅がグッと広がります。ここではロフトを作ることでどのようなメリットがあるのか、ポイントごとに紹介します。

2-1.収納がたっぷりとれる

ロフトを収納として使うことで、収納に余裕を持たせられます。ロフトは高さの制約上デットスペースになりやすい空間ですが、収納スペースであれば、高さが問題になりません。

 

収納をできるだけ増やしたいけれど、部屋を広く保ちたいという場合にも、ロフトであれば空間を有効利用できます。普段出し入れが多くない扇風機などの季節ものの家電や、思い出の品などをロフトに収納することで、他の部屋をすっきりさせられるのがロフトのメリットです。

2-2.趣味部屋や書斎が作れる

家を建てるなら、趣味の部屋や書斎を作りたいと考える人も多いでしょう。ところが、他の部屋との兼ね合いで実現できないケースは珍しくありません。

 

そんなときもロフトであれば、他の部屋への影響を抑えて、趣味用の部屋や書斎として活用できます。ロフトは高さが低く、背の高い家具などは置けないという難点はありますが、うまくレイアウトすれば洞窟のようなくつろげるプライベート空間になります。

 

テレワーク用に、ロフトを仕事部屋として活用するケースも増えています。

2-3.子供部屋としても◎

ロフトを子供部屋にするのもおすすめです。はしごを登って出入りするロフトは「秘密基地」のようで、お子さんたちに大人気です。

 

仕切りがないため、リビングや廊下からお子さんの様子が感じられる点もメリットです。それでいて、ある程度のプライベート空間にはなるので、「自分の空間がほしい」というお子さんの要望にも応えられるでしょう。

 

お子さんが巣立ったあとは、書斎や収納として利用しやすいのも魅力です。

2-4.平屋+ロフトで広がりのある空間に

最近人気の平屋にロフトをつけるという選択肢もあります。平屋はワンフロアで効率的に生活できる、天井が高いダイナミックな空間を作れるなどのメリットがありますが、2階がない分、スペース的には物足りなくなることがあります。

 

そんなときもロフトをつけることで、平屋の魅力を保ちながら、生活に必要なスペースを補えます。

3.後悔しないためにロフトのデメリットもチェック

メリット満載のロフトですが、通常の部屋との違いをよく知らずに作ってしまうと、結局うまく使えなくなるケースもあります。ロフトのデメリットを知り、計画的にロフトを作りましょう。

3-1.天井が低くなりがち

前述のようにロフトには天井高1.4mという制約があるため、天井はどうしても低くなります。ロフトにある程度の広さがある場合、腰をかがめて移動しなければいけないことを考慮しましょう。

 

書斎に使おうと思っても、腰痛がある人だとつらくなるかもしれません。事前に用途を決め、低い天井高に見合った内容となっているか確認する必要があります。

3-2.掃除がしにくい

ロフトは構造上、空気が循環しにくく、冬場は暖房器具の温風に乗ってホコリも上がってしまうため、ホコリが溜まりやすくなります。

 

しかし、ロフトに掃除機を持って上がるのは大変です。ある程度の広さがある場合は、コンセントを用意して掃除ロボットを設置するなど、掃除方法まで検討しておくと安心です。

3-3.夏に暑くなりやすい

ロフトは屋根に近いため、夏に暑くなりやすい点が問題です。ロフトが広くなると空間が広がるため、冷暖房の効きが悪いと感じることもあるでしょう。

 

ロフトを居住スペースとして使う場合はエアコンや換気扇を設置するなど、暑さ対策をしておく必要があります。

3-3-1.エアロテックでロフト空間も快適に

三菱地所ホームの全館空調「エアロテック」であれば、ロフトでも快適な環境を維持できます。

 

家中の空気を換気しながら部屋ごとに温度設定もできるため、ロフトのデメリットである夏の暑さや冬の寒さを解消し、一年中快適な空間を実現できます。ロフトを収納としてだけでなく書斎や趣味部屋、子供部屋などの生活空間として自由に活用することができます。

 

空気が循環するため、ホコリなども溜まりにくくなります。

4.【ロフトの間取り実例】魅力的な使い方も紹介

ロフトに興味があっても、実際にどのように取り入れたらいいのかピンと来ないという人もいるでしょう。そこで、三菱地所ホームのロフトの間取り実例を紹介します。

4-1.小屋裏を収納+ユーティリティスペースに

オーダーグラン赤坂ホームギャラリーのロフト。

広々としたロフトは、ヨガスタジオや瞑想部屋、トレーニングルームなど、さまざまに活用できます。

 

広い開口を設けることで、ロフトが閉鎖的にならず、2階の吹き抜け空間をより広く見せる役割も同時に果たしています。ライフスタイルの変化に合わせて使い方にも変化を加えられ、幅広い用途で使用できるロフトです。

4-2.家族の気配を感じながら集中できる書斎

武蔵野ホームギャラリーのロフト。

スキップフロアとロフトを一体化させた書斎。部屋が仕切られていないため、家族の気配を感じつつ、自分の好きなことを楽しめるプライベートな空間として利用できます。

 

注文住宅以外ではなかなか実現することが難しい、こだわりの空間です。

4-3.漫画部屋や昼寝スペースなど使い方自在の空間

こちらは寝室にロフトを設けた事例です。寝室にあることで、寝るためだけの部屋ではなく、趣味の漫画スペース、子ども部屋のおもちゃスペースなど、ロフトにさまざまな+αの機能を持たせられます。

5.ロフトを取り入れて家時間をさらに楽しく

ロフトは制約こそありますが、うまくロフトを取り入れることで、家で過ごす時間をより充実させることができます。しかし、デメリットもあるため、ある程度の用途を決めて計画的に導入を検討することが大切です。

 

三菱地所ホームなら、自由設計で家族にぴったりのロフトを実現できます。興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください。