エアロテック-UV

浮遊ウィルス・菌・臭気を徹底除去!「エアロテック」で家中の空気が、さらに健康に。

エアロテック-UV

UVクリーンユニット

紫外線と光触媒の2つの技術を組み合わせたUVオキサイドイオンによる空気清浄システムで、ウィルス、バクテリア、カビ菌、そして悪臭やVOC(揮発性有機化合物)を除菌・脱臭します。

薬品は一切使わないので安心安全 「UVクリーンユニット」

特許技術のシステムを戸建住宅全館空調用として初採用

「UVクリーンユニット(ユーヴィックス株式会社製(特許取得※))」は、2種類の紫外線を放つランプに酸化チタンを担持させた光触媒チタンメッシュフィルターを装備し、ウィルス・菌・臭気の酸化反応(除菌・脱臭)により、酸素・水蒸気・二酸化炭素などに戻します。

薬品は一切使わないので、安心安全。病院などで採用されている空気清浄システムを戸建住宅全館空調用として日本で初めて採用しました。

※特許第5467213号・5474612号

「エアロテック-UV」のしくみ

エアロテックの立上ダクトに設置された「UVクリーンユニット」は、以下の3つの効果で家中の空気をよりクリーンにします。

  • (1)UVクリーンユニットの光触媒チタンメッシュフィルターに接触した浮遊ウィルス、臭気、VOC、カビ菌等を光触媒の効果で除菌・脱臭。
  • (2)UVクリーンユニットから出るUVオキサイドイオンにより、エアロテックの立上ダクトを通過する空気中の浮遊ウィルス、臭気、VOC、カビ菌等を除菌・脱臭。
  • (3)UVクリーンユニットからでるUVオキサイドイオンがダクトを通じて各吹出口から吹出されます。(エアロテックの吹出風量・吹出口のダンパ開度によってイオン数が増減します)

「UVクリーンユニット」の効果

浮遊ウィルスの除去

浮遊ウィルスの除去効果については下記試験室での効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。住宅の規模や熱環境、エアロテックの運転状況や使い方によって効果が異なります。 【試験方法】●試験機関:特定非営利活動法人 バイオメディカルサイエンス研究会 ●試験対象:浮遊した1種類のウィルス ●試験方法:ボックス表面ステンレス、120L空間(バイオハザード空間)における除菌能力確認試験 ●試験結果:10分後のウィルスの減衰率を測定した結果、「UVクリーンユニット」使用時ではウィルスが約99.9%減衰。

脱臭・VOCの除去

脱臭・VOCの除去効果については試験室での効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。住宅の規模や熱環境、エアロテックの運転状況や使い方によって効果が異なります。 【試験方法】●試験機関:(財団法人)神奈川化学技術アカデミー東京理科大学 光触媒国際研究センター ●試験対象:アセトアルデヒド、アンモニア、硫化水素 ●試験方法:36Lボックスに対象ガスを入れて試験。アセトアルデヒドは光音響ガスモニター、アンモニアは半導体センサー、硫化水素は検知管を使用 ●試験結果:拡散しやすい臭い成分をすばやく分解。いずれも1時間後にはほとんど臭いを感じないレベルとなった。

カビ菌の除去

根付いたカビ菌には有効ではありません。空間湿度が高いと反応は進みますが、乾燥状態の場合は高い効果が得られません。住宅の規模や熱環境、エアロテックの運転状況や使い方によって効果が異なります。 【試験方法】 ●試験機関:株式会社ファインテック ●試験対象:カビ菌 ●試験方法:液体培地にカビ(クロカビ、コウジカビ、アオカビ)混合菌液を作成し、アルミ箔に塗抹。1日培養後、赤坂Everieのダクト内部に貼り付け、経時的な菌数の変化を確認。 ●試験結果:24時間後には、ダクト表面のカビ菌は除菌されていた。