三菱地所ホーム

 

 

 
 

CUSTOM HOME

制震・免震住宅

三菱地所ホームの強靭な耐震性能住宅と
制震・免震システムの組み合わせが
より地震に強い、安心・安全な暮らしを実現します。

耐震・制震・免震

「耐震」とは、地震の揺れを受けても倒壊しない強度をもつ構造のこと。「制震」や「免震」は、地震の被害をさらに減らすためのシステム。
どちらのシステムも、建物の構造自体に十分な耐震性能があってこそ効果を最大限に発揮します。

耐震は、建物を頑丈にするという地震対策の基本的な技術です。壁・床・天井・梁などの構造材を強固に一体化することで、地震の揺れに耐え、倒壊しない強さを持ちます。

制震は、床や壁などの構造材の一部に粘性の強いゴムや鋼などを使用して、地震の揺れを吸収して建物の変形・劣化を抑えます。

免震は、建物と地面の間に積層ゴムやボールベアリングなどを入れて、建物と地面を切り離すことで、地震の揺れが建物に伝わる前に吸収します。

標準仕様で住宅性能表示制度の
最高ランク耐震等級3※1に対応

三菱地所ホームのダイヤフラム6面体構造

外力が一点に加わっても、箱構造全体で受け止めて分散。また高耐力壁「ハイプロテクトウォール」の採用で、さらに耐震性を強化します。

標準仕様で住宅性能表示制度の
最高ランク耐震等級3※1に対応

2×4工法とは、木造建築の工法で「枠組壁工法」の一つです。
一般的に地震に強く、断熱性、気密性が高いという利点があります。
三菱地所ホームでは、一般的な2×4工法の壁の耐力を50%UPさせた高耐力壁「ハイプロテクトウォール」を独自に開発し、標準採用しています。※2
この強靭な壁を用いた「ツーバイネクスト構法」により、2×4工法の優れた耐震性、耐久性、省エネ性に加え、空間自由度の高いデザインを叶えながら耐震最高等級「3」※1を実現しました。
1995年に発生した、阪神淡路大震災後でも関西エリアで施工していた三菱地所ホームの住まい332棟全ての被害状況調査においても、全・半壊は1棟もなく、約65%は損傷も見られませんでした。

※1 建築条件や計画により取得できない場合があります。

※2 商品により異なります。

強い地震でも倒壊しない建物に
制震システム「エムレックス」

三菱地所ホームのオリジナル制震システム「エムレックス」は、建物に加わる地震動エネルギーを熱エネルギーに変換・吸収して、建物の揺れを抑えるシステムです。
大地震による建物の倒壊を防ぐのはもちろん、繰り返す余震のたびに構造にかかる負担を大幅に軽減することで、建物の変形や耐震性能の劣化をおさえます。

エムレックスは、V型の2つのアームと高減衰ゴムを採用した減衰ダンパーによって地震の揺れ幅を効果的に抑えます。
度重なる余震の際も、構造にかかる負荷を削減するから、クロスのはがれやひびなど内外装の仕上げ材の損傷を減らし、補修費用などにかかるライフサイクルコストを抑え、永く安心して暮らせます。
また、高性能なシステムでありながら、故障や不具合の心配、煩わしいメンテナンスも不要です。

大震災でも、揺れない安心が
実証されました

地震発生時に、最も多い負傷の原因は「家具の転倒」によるものです。家屋が倒壊しなくても、転倒した家具がぶつかる、避難退路をふさがれる、飛び出した収納物や割れたガラスでケガをする等のケースが多発します。
三菱地所ホームの免震システム・ピアニシモなら、東日本大震災のような長周期地震動による、横への揺れ幅が大きい想定外の地震にも、揺れを受け流すように建物をゆっくりと動かすので、室内の被害を防ぎ、恐怖感を和らげます。

家に伝わる地震の揺れを
最大1/10に低減

免震システム・ピアニシモは、家を支え、伝わる地震力を低減させる「十字型転がり支承」と地震エネルギーを吸収する「粘性減衰ダンパー」、地震で動いた家を元に戻す「高減衰積層ゴム」の3つの装置で構成されています。
この3つの装置の相互作用により、家に伝わる地震エネルギーを1/5程度に、揺れにすると約1/10まで大幅に減衰します。