「2×NEXT構法」の技術力

※SMART ORDER、The Park Masionは仕様が異なります。

大地震でも実証された耐震性能。住宅性能表示の最高ランク、耐震等級3(※)

建物強度を高めるさまざまな技術を結集させた、ツーバイネクスト構法が地震や台風といった自然災害や火災から大切なご家族と住まいを守ります。

高耐力の秘密 1: 強靭なダイアフラム6面構造。そして、さらなる進化を遂げた「2×NEXT構法」

2×4工法の住宅は、壁・床・天井の6つの面で構成されています。6面それぞれが、構造用枠組材と、構造用面材を一体化した「ダイアフラム」と呼ばれるパネルで構成。箱型の構造は、水平・垂直どちらの方向からの衝撃(外力)を受けても面全体でバランスよく受け止め、分散吸収します。

この強靭な2×4工法を、独自の技術で進化させたのが、三菱地所ホームの「ツーバイネクスト構法」。自社開発の高耐力壁「ハイプロテクトウォール」を外壁に標準採用して、全棟で耐震等級3(※1)を実現します。

1995年に発生した阪神淡路大震災後、関西エリアで施工していた三菱地所ホームの住まい全てについて被害状況調査を行ったところ、全・半壊はゼロ。約65%には損傷も見られませんでした。

※1 建築条件や計画により等級が異なる場合があります。

壁倍率約6倍の高耐力壁「ハイプロテクトウォール」を標準採用。

自由な空間デザインを楽しめる三菱地所ホームの住まいは、耐震等級3を確保し長期優良住宅の認定(※2)も可能です。

その秘密のひとつが、自社開発した高耐力壁ハイプロテクトウォール。一般的な2×4工法の耐力を50%UPさせた壁倍率約6倍という強靭な壁を、外壁に標準採用しているのです

さらに、通常は3階建て以上の建物等に対して実施する構造計算も、規模や形に関わらず全棟標準で長期優良住宅認定を取得するため(※2)全ての建物で行っています。

※2 建築条件や計画により取得できない場合があります。

高耐力の秘密 2: 高い耐震性能が、空間デザインの自由度を大きく広げる

高耐力壁「ハイプロテクトウォール」を外壁に標準採用することで、一般的な2×4工法に比べて建物を支える耐力壁を30%減らしても、必要な強度をしっかりと確保できます。

大きな開口部やオープンな大空間など、自由なプランニングが楽しめるだけでなく、狭小地など限られた敷地でも、自由設計の可能性が大きく広がります。

2×4工法の常識を超えたスケルトンインフィルの大空間

間仕切壁を必要としない広々としたスケルトンインフィルの空間は、屋内スペースを自由な発想で構成できるのが特徴です。 だからこそ、将来的なライフスタイルに合わせた間取りの変更にも柔軟に対応できます。

高耐力の秘密 3: 木は鉄よりも火に耐える。外部火災にも内部火災にも強い耐火性能を実現

木は燃えるから、木造住宅は火に弱いと思われがちですが、事実は違います。2x4工法の構造材ぐらいの太さがある木材なら、燃えると表面が焦げて炭化層をつくり、酸素の侵入をガードして、火が内部に入らないようにします。

燃焼実験でもおわかりのように、熱によって急激に軟化を起こしてしまう鉄と違って、どんなに周囲の熱が上がっても構造強度が急激に失われることがなく、万一の出火でも、初期消火や避難の時間を十分に確保できます。

高耐力の秘密 4: 音を遮断する独自の遮音床を採用

2階以上の床根太(I形ジョイスト)と、下階の天井とのジョイントにSRバー25を採用しています。弾性のある、SRバー25が音の波を吸収します。また、上階の床合板の厚さを28mmにすることで床の剛性を高め、上階で発生する生活音が下階に伝わるのを減衰させます。

標準の遮音マットと下地面材、硬質石こうボードを加えた5層構造の「高遮音床使用」もご用意しています。