三菱地所ホーム

 

 

 
 

WORKS OF MITSUBISHI ESTATE

実例紹介

用途地域 第一種中高層住居専用地域
建ぺい率 60%
容積率 200%
敷地面積 1,354.99m²
棟数・戸数 3棟12戸

元は1軒の邸宅で、広々とした庭園に囲まれた平屋の日本家屋が建っていました。遊休地の活用条件として、周辺の景観を壊さず、毎年見事に花を咲かせる染井吉野と枝垂れ桜、そして椎の木を残すことを望みました。

格調の高さを感じさせる賃貸住宅

望みを叶えるために、入り口の桜の木から奥の椎の木までをオープンスペースとしてテラスハウスを両側に配置、反対側にはメゾネット住戸が連なるRC造の集合住宅で、クオリティの高い賃貸住宅は上手く街並みに調和することができました。

テラスハウスは在来工法2階建て、短期的に再活用することにも対応できるように設計され、飽きのこないデザインは外国人向け賃貸住宅としても充分通用するクオリティでキッチン、洗面浴室などの設備にもこだわりました。

反対側に配置されたRC造のメゾネットタイプの集合住宅は敷地の高低差を生かして3層建てにし、1階から2階の前面に開口部を大きく取りました。大胆にらせん階段を配したダイナミックな空間構成が意匠性を高めます。石造りの駐車場や、レンガの外壁など、どっしりした仕上げで、存在感のある外観になりました。

PHOTO GALLERY