三菱地所ホーム

 

 

 
 

WORKS OF MITSUBISHI ESTATE

実例紹介

家族がリビングを中心に集まることが多いため、ドアのない開放的な空間を希望しました。
エアロテックの採用で、キッチンやダイニングと一つにつながった開放的なリビングには、ゆったりとした心地よい時間が流れています。アンティーク家具やフラワーデザイナーがコーディネートした様々な植物が置かれ、時折、白い西洋漆喰が西洋の優美な雰囲気を漂わせます。

木製格子のアプローチが
映える
シンプルで
上質な外観

縦長の敷地をうまく利用し、2台を並列駐車出来るカースペースと、道路から直結する玄関ではなく、回り込んで入口に辿りつくようにゆったりと設計されたアプローチを設置。濃茶の木の格子に沿ってアプローチを抜けると、大きなドアのある明るいエントランスが現れます。

シンプルな外壁はコテ塗り仕上げ。表面の凹凸により光の加減で微妙な色の変化が生まれ、時間や天候によって表情が変化します。

家全体を1つの空間として
感じられる
オープンリビング

玄関に入ると現れる開放的な空間。まず目にとまるのは、最後までこだわったスケルトン階段と2階までつながる吹き抜け。毎日上り下りする階段なので、使いやすいよう段差や幅が慎重に設計されています。

視界から隠れる場所に、足下まで見える鏡や大収納のある家族専用クロークを設けています。リビングには、ビルトインのホームシアターを設置。建物の高い気密性によって、より高音質なサウンドで映画観賞が愉しめます。

全ての空間に光と季節感を届ける中庭が、家の中心につくられています。キッチンも中庭に面して配置。たくさんの光が降り注ぐ、明るく清潔感のあるキッチンになっています。

広い洗面スペースや回廊ギャラリーを思わせる廊下など、ゆったりとして「遊び」のある空間設計をしています。

植物コーディネートが
活きる住まい

白と茶色に統一されている内装デザインは、アンティークの味わい深い家具が置かれたインテリア。このシンプルながらも深みのある空間に、フラワーデザイナー・河合透さんが、広さや色合いに合わせて植物の種類や大きさを選び、優美にコーディネート。

各空間のイメージを損なうことなく植物が飾られています。もともと飾られていた植物も、置く場所を変え他の植物と組み合わせることで、与える印象が変わっています。リビングや玄関だけでなく、キッチンや廊下、洗面やトイレにも植物をコーディネートすることで、何気なく飾られた小さな植物でも、白い西洋漆喰によく映えて見えます。

PHOTO GALLERY

 さらに見る閉じる