三菱地所ホーム

 

 

 
 

WORKS OF MITSUBISHI ESTATE

実例紹介

緑の植栽と落ち着いた佇まいが周囲の雰囲気に溶け込み、穏やかな時間がながれます。
住まいへのさまざまな希望を叶えた中でも、ポイントとなったのは空気環境と多くの蔵書を収納する工夫です。
自身でも50冊以上の建築関連の書物を読み、勉強したうえで納得できる住まいが完成しました。

緑を取り込む住まい

閑静な住宅街の一角に、環境を重視して探しあてた土地は、趣きのある植栽と見事な藤棚が残されていました。
建物の配置は藤棚や南天、マグノリアなどをの緑をそのまま生かすように工夫した設計を希望し、建物外観はホワイトを基調とした落ち着いた佇まいとなりました。表札灯、外構壁の連なる小さな窓が、シンプルな中にアクセントを与えています。
また、各居室の窓の位置は見える景色を意識して決めています。
南側の庭には、さまざまな目的や用途に対応する石張りのテラスを、ダイニングから続くようにしつらえました。

穏やかな時間が流れるダイニングキッチン

庭に訪れる野鳥を眺めながらお茶を楽んだり、ダイニングは家族それぞれで過ごす時間がもっとも長い場所になりました。妻にとってはキッチンが家の中で一番に長く居る場所だからこそ、キッチンにからの眺めも意識してオープンスタイルを採用。
赤坂をはじめ、東京にあるホームギャラリーを参考にしました。床には天然の大理石を希望していましたが、実用性を加味してタイルを選択。冬でも冷たくなく、テイストも満足しています。

暮らしを心地よく彩るリビング

リビングとダイニングの間に壁をもうけ、完全に仕切ることなく空間を分けています。この壁には質感の異なるクロスを張り、空間に違った表情を見せます。

リビングは趣味のオーディオを取り入れたリビングシアター仕様。スピーカーが3つ納められたテレビボードは、その寸法に合わせて埋め込み、ソファの後方、天井にスピーカーを2つ取り付けています。5.1chサラウンドを満喫できる空間です。
リビングのもうひとつの特徴は、天井近くまで続くようにあしらった自然木と開口部。サッシは輸入の木製を選んでいます。南に面した2つの開口部からは自然光がたっぷりと射し込み、リビングを明るく照らします。

エントランスの吹き抜け同様、こちらもエアロテックを生かした設計です。
採光部を大きく取っているため、北側でも明るい空間となりました。

蔵書を美しく魅せる壁面書棚

当初、書庫をつくり、すべての蔵書を収納しようと考えていましたが、階段の壁面に書棚を設けることにしました。
2階の廊下壁側にも、天井まで高さのある書棚を造作しています。寝室など他の部屋のスペースに影響することなく、空間を有効に活用できました。階段から2階へと続く書棚は印象的で訪れるお客さまを驚かせています。
一見届かないような高い位置へは、扉を兼ねたブリッジを使って本の出し入れを可能にしています。憧れていた書斎も2階に設け、ゆっくりと読書ができるお気に入りの場所となっています。

玄関からエントランスホール、そしてダイニングまでタイルが続き、内と外との一体感を与えます。エントランスには、友人からのプレゼントされたステンドグラスを木枠で囲み、取り付けています。自身でもステンドグラスの制作に興味を持ち、いつかは自作作品をエントランスの吹き抜け上部にある開口部へ取り付けられるようにと、造作の準備を整えています。

PHOTO GALLERY

 さらに見る閉じる