お客様事例

WORKS

エアロテックが叶えた
「たくさんの人が集う家」

DATA
東京都A様邸
竣工:2016年12月
敷地面積:144.18m²
延床面積:110.96m²
規模:地上2階建て

一番欲しかったのは、広く開放的なLDK

「上の子が小学校に上がる前に当時の手狭なマンションからの住み替えを、と考えていました。最初はマンションか戸建てかも決まっていませんでしたが、偶然ここの土地に出会って、戸建てを決意しました」と奥様。公園のすぐそばで車の通りも少ないこの場所は、お子様のためにも安心と考えられたそうです。

 ご夫妻が、家づくりで何より重視したのがLDKの広さ。普段からスポーツをされているご主人様のチームメイトや友人を招いてホームパーティーをする機会が多く、「とにかく広くて開放的なLDKをつくりたい、人が集まりたくなるような家をつくりたい。」そんな理想を実現するためのプランづくりがスタートしました。

エアロテックだから叶った、理想の間取り

まずは何社ものハウスメーカーを訪れましたが、お二人を悩ませたのは土地が長方形であること。リビングには奥行きだけでなく部屋の幅も欲しい。しかし、空調の効率などからリビングダイニングと廊下の間に一枚壁をつくる必要があるとのこと。すると細長さが強調されて圧迫感が生まれてしまう。憧れていたリビングイン階段も叶わない…。

そんななか、エアロテックなら空調の問題もなく、玄関からリビングへ続く理想の間取りが叶うことがわかったのです。

幼い頃に聞いた母の言葉が、最終的な決め手に

また、奥様のご両親のエピソードも背中を押してくれたそう。「父の親友の方が20年ほど前に三菱地所ホームで家を建てた時、母が『我が家もエアロテックにしたかったわ』と羨ましがっていたことを思い出したんです」と奥様。そこで、その方にお話を伺うことに。「メンテナンスや電気代など、リアルな意見を伺いたくて。『快適だし洗濯物もよく乾くし、とにかくいいよ』と勧めていただきました」。

その後、実際住んでみると室内干しの乾きも本当に早いので助かっています、とエアロテックの良さを実感なさっているそうです。

LDKの広さ、家事動線を考えた間取りに

LDKをできるだけ広く確保することを中心に間取りを検討。LDKは、背の高いご主人様が窮屈に感じないよう天井高を通常より15cm上げ、より圧迫感のない開放的な空間ができました。

「洗濯機置き場は悩みましたが、結局2階の脱衣所に。主人の提案でバルコニーを脱衣所横に設けたのは正解でした。洗濯物を干す時もとてもスムーズ」。また脱衣所の天井には室内用物干しも設置しているので、室内干しする際も別の場所へ移動する必要がありません。

壁紙は、思い切った色柄を選んで遊びをプラス

自慢のLDKでひと際目を引くのが、板壁風のカラフルな壁紙。「鮮やかな色や柄に憧れがあったものの、無難な白がいいのかなと考えていた時、壁紙は気軽に替えられますよとインテリアコーディネーターさんに助言いただいて。それなら今つくりたい家にしようと」と奥様。サンプルでひと目惚れしたモノトーンストライプ柄は階段の壁に。「縦に長い柄なので、吹き抜けになる階段に使いました」。リビングイン階段だからこそ、ストライプ柄が映える空間が叶いました。

ご主人様のこだわり、スタイリッシュなステンレスキッチン

キッチンは、お料理好きのご主人の希望で、オールステンレスに。「昔飲食店でアルバイトをしていた時、お店のステンレスのキッチンを見て格好いいなと思っていて。スタイリッシュな印象で気に入っています」と満足げなご主人様。キッチン奥にパントリーを設けたり、つくり付けの棚を設けて収納力を高めています。

日常の使い方、動線を考え抜いた玄関&手洗い場

玄関の半分は、家族のシュークローゼットに。コートをかける場所も確保したため使い勝手の良いスペースになりました。またすぐそばに手洗い場をつくったので、帰宅後靴を脱いだらそのまま手洗いうがいをしてリビングへ入るという動線ができ、お子様たちも習慣になっているようです。

1階は大人の空間、2階は子どもたちの遊び場に

「2階の子ども部屋もかなり広くとっているので、友人が子ども連れで遊びに来ても、子どもたちは勝手に2階へ行って遊んでくれます。大人に遠慮せずに遊べて楽しそうですよ」と語る奥様。マンション住まいの時はなかなかできなかったご友人との語らいを、広いリビングで存分に楽しまれているようです。

「二人で図面を描いたり、家具の模型をつくって置いてみたり、楽しく家づくりができました」とご主人。
いつも明るいA様ご家族の家には、これからもたくさんの人が集まり、素敵な思い出が増えていくことでしょう。

一覧に戻る