エアロテックの歴史

エアロテックの開発、それは高齢者向け住宅の研究で始まった──
  • 1984年

    三菱電機が住宅用VAVダクト空調システムの研究を開始

  • 1989年

    高齢者向け住宅の研究を開始
    セントラル冷暖房換気システムの研究を開始

    • 日本大学野村研究室と共同研究を開始
    • 北欧高齢者住宅を視察
    • 高齢者住宅アンケート実施
    • 三菱電機「住宅用可変風量方式による空調システム」を空調・冷凍連合講演会に発表
    日本大学野村研究室スタッフと一緒に、北欧の住宅を視察

    日本大学野村研究室スタッフと一緒に、北欧の住宅を視察

  • 1990年

    高齢化社会対応住宅の設計に着手

  • 1991年

    セントラル冷暖房の高齢化社会対応モデルハウス完成

    • 欧州高齢者住宅を視察
    • 三菱電機との共同研究会「M&M研究会」を発足
      現在も継続しており月1回ペースで定期的に実施
    大船に建てられた実験棟

    大船に建てられた実験棟

  • 1992年

    高齢化社会対応住宅を発表

    高齢化社会対応住宅の玄関ホール

    高齢化社会対応住宅の玄関ホール

  • 1993年
    • 「住宅用VAV空調システムの研究」を空気調和・衛生工学会に発表
    • 三菱電機の大船にある研究所にダクト空調評価用の実験棟が完成
  • 1994年

    全館換気システムを発表

    • 三菱電機との共同研究を開始
  • 1995年

    全館空調「エアロテック」の家、第1号棟完成

    • 建設省建築研究所(当時)、三菱電機と「空調機器の確認と換気性状」の共同研究を開始
    • 建築研究所の実験施設で実験を実施
    エアロテック第一号となった「みなとみらい21モデルハウス」

    エアロテック第一号となった「みなとみらい21モデルハウス」

  • 1996年

    コントローラーの仕様を変更
    吹出口の仕様を変更

    • 大船(三菱電機工場内)の実験棟において、フィールド実験を開始
    • 東京大学と共同研究を開始
    • 「木質住宅の空気循環に関する研究」を木材学会に発表
  • 1997年

    エアロテック研究所を設立

    • 官民共同研究「健康的な居住環境形成技術の開発」(1997~2000年)に参画し、エアロテック住宅におけるホルムアルデヒド実測調査を実施
    • 「全館空調換気システムを搭載した気密住宅の換気性状に関する研究」を建築学会に発表
    蓄積されたデータ類とエアロテックレポート

    蓄積されたデータ類とエアロテックレポート

  • 1998年
    • 建築研究所、三菱電機との共同研究の成果物として、共著で「これからの家-健康で快適なすまい」(快適住居研究会編)を鹿島出版より出版
  • 1999年

    断熱性能の向上を目指し断熱仕様を改良
    換気ユニットと吹出口の仕様を改良

    • 関西電力の研究に協力し、関西地区でオーナー邸の消費エネルギー調査を実施
  • 2001年

    タイマー機能追加などコントローラーの仕様を改良

  • 2002年

    エアロテック新バージョンを発表

  • 2003年

    システム機器の長期5年保証と、5年間の無償定期点検制度を実施

    • 一般家庭における空気環境の意識調査をインターネット上で実施
    • エアロテックのオーナー邸における「カビ・ダニ調査」を実施
    • 住まいの空気環境の小冊子「住まいの空気読本」を制作、発行

    建築基準法が改正され、高断熱・高気密の新築住宅に常時換気設備の設置義務づけられる

    無償定期点検の様子

    無償定期点検の様子

  • 2004年

    VOC除去フィルターを開発(オプション)

  • 2006年

    「エアロテック」システム事業提携開始
    コントローラー、吹出口を仕様変更

  • 2007年

    小規模住宅対応「エアロテックCB」発表

    快適さはそのままに、省スペース化を実現

    快適さはそのままに、省スペース化を実現

  • 2008年

    システム機器の長期10年間保証と、10年間無償定期点検制度を実施

    室内ユニット点検清掃

    室内ユニット点検清掃

  • 2011年

    エアロテック新バージョンを発表

    • 業界トップレベルの冷暖房平均COP4.15を達成
    • きめ細かな各室温度の設定が可能なオートバランスコントロールを搭載
    • 対応床面積約65坪に進化

  • 2014年

    エアロテック-UVを発表

    紫外線と光触媒を用いて室内の浮遊ウィルス、臭気、VOC(揮発性有機化合物)などの除去、脱臭を行う「UVクリーンユニット(ユーヴィックス株式会社製(特許取得)」を、日本の戸建住宅用全館空調として初めて採用した「エアロテック-UV」を発売。

    エアロテック-UV

    エアロテック-UV