CUSTOM HOME

二世帯住宅

世代もライフスタイルも違う
家族の暮らし方に合わせて、
ひとりひとりが自由でありながらも、
つながりあい、
家族構成やライフステージの変化とともに
カタチを変えていける理想的な住まいを考えます。

暮らし方に
合わせて考える、
新しい「二世帯住宅」

玄関も、水まわりも、リビングもすべて共有するという、かつては当たり前だった同居スタイルも、時代とともに今では多様に変化しています。世代やライフスタイルによって、価値観や趣味・嗜好、暮らし方も違う。これからの二世帯住宅は、家族ひとりひとりが自由でありながらも、ゆるやかにつながり、家族構成やライフステージの変化とともに変わっていく空間づくりです。

設計の秘訣は
「ふれあい」と「住みわけ」

二世帯住宅で大切なことは、家族ごとの暮らし方を尊重した「ふれあい」と「住みわけ」のバランスです。そこで家づくりのはじめには、二世帯住宅のメリットや二世帯ならではの注意点もアドバイス。


家族ひとりひとりの
希望や想いは、
フルオーダーで
カタチにします。

私たちは必ず、家族構成や敷地条件、それぞれの生活サイクルや
そこで実現したい暮らし方を熟慮したうえで、
ご家族それぞれの理想に叶った1邸を提案します。

部分共有型

住まいの一部を共有して
ほどよい距離感で暮らす

玄関、水まわりなど、お互いの暮らし方に合わせて共有スペースを計画します。生活時間や習慣の違いなどお互いのペースに配慮しつつ、家族のふれあいや楽しさをゆるやかに感じることができます。

部分共有型実例と間取り

仕事や子育て、食事など、生活時間帯が食い違うそれぞれの世帯が気兼ねなく暮らせます。
つかず離れずのほどよい関係を保ちたい家族へ。

仕事や子育て、食事など、生活時間帯が食い違うそれぞれの世帯が気兼ねなく暮らせます。つかず離れずのほどよい関係を保ちたい家族へ。

1Fの間取りを見る

1F

  • 玄関からすぐに2階の子世帯へ上がれる階段。親世帯を通らずに済むので、外出など生活時間の違いも気になりません。

  • 二世帯分の靴が収納できる、シューズインクロゼット。通り抜けができるので、どちらの世帯にも使い勝手が良く便利。

  • 廊下を設けず動線を短くすることで、将来、介護の必要が生じたときも動きやすく安全。

  • 共有スペースとして使用できる和室。お正月や祭事などには2つの家族が集まって過ごすことができます。客間としても使用可能。

2Fの間取りを見る

2F

  • 腰壁にすることで、子供の気配がわかるので安心

  • 1階の寝室の上には、リビングや子ども部屋など、生活音がする部屋は作らないよう配慮。

二世帯住宅の建築実例を見る

左右分離型

上下分離型

お互いの暮らしを尊重しながら
“お隣さん感覚”で暮らす

玄関をはじめとするすべてを別々にし、各世帯が完全に独立した住居スタイル。近くにいる安心を感じながら、お互いの生活やプライバシーを尊重できます。将来、どちらかの住まいを賃貸として活用することも可能です。

完全分離

左右分離型実例と間取り

上下間の音や採光などの問題をクリア。将来は賃貸としての活用も。
1つ屋根の下に住みながらも、お互いのプライバシーを最大限に尊重するスタイル。
自立した暮らしを大切にする“お隣さん感覚”で暮らしたい家族へ。

上下間の音や採光などの問題をクリア。将来は賃貸としての活用も。
1つ屋根の下に住みながらも、お互いのプライバシーを最大限に尊重するスタイル。
自立した暮らしを大切にする“お隣さん感覚”で暮らしたい家族へ。

1Fの間取りを見る

1F

  • 介護が必要になったときのことを考慮してトイレは広めに。

  • 将来エレベーターを設置できる収納スペース。

  • 親世帯からの独立性を考慮した玄関位置。 将来は賃貸として活用できます。

  • 親世帯と子世帯の玄関はあえて離れたところに設置。 それぞれの独立性が高まり、プライバシーを大切にした暮らしができます。

2Fの間取りを見る

2F

  • 子どもの成長に合わせて二部屋に分けることができるよう、 可変性を考慮。

  • 全館空調「エアロテック」なら寝室に扉を設ける必要がなく、 広々とした動線を確保できます。

  • 2階にも小さな洗面スペースを設置し、 朝のあわただしさを解消。

  • 大きなバルコニーは共有スペースとして活用。 ガーデニングを楽しむなど、 ふたつの家族が共に過ごす空間として活用。

二世帯住宅の建築実例を見る

完全分離

上下分離型実例と間取り

バリアフリー対応がしやすく、横への広がりを生かした空間活用も。
階段スペースがひとつなので空間を有効に活用できます。内部で行き来できるドアを設ければ両世帯の
ふれあいを楽しむことも。互いにゆったりと“平屋感覚”で暮らしたい家族へ。

バリアフリー対応がしやすく、横への広がりを生かした空間活用も。
階段スペースがひとつなので空間を有効に活用できます。内部で行き来できるドアを設ければ両世帯のふれあいを楽しむことも。互いにゆったりと“平屋感覚”で暮らしたい家族へ。

1Fの間取りを見る

1F

  • 通り抜けができる納戸。収納スペースとしてはもちろん、納戸を通って世帯間の行き来ができます。

  • 親世帯の寝室からトイレへの動線は 短く広めに配慮。

  • リビングと和室と主寝室がつながっているので、広々としたワンルームとして使え、居室間の移動もらくです。

  • 玄関を別々にすることでそれぞれの暮らしの独立性を高めます。子世帯の玄関からは、親世帯を通らずに直接2階へあがることができます。

2Fの間取りを見る

2F

  • 子どもの成長に合わせて二部屋に 分割することができます。

  • バルコニーの3方向にガラス窓を設けることで、室内に広がりを感じさせ、明かり取りにも効果的です。

  • 1階親世帯の寝室の上には、生活音が気になるリビングや子ども部屋などを設けず、階下への騒音に配慮します。

二世帯住宅の建築実例を見る

二世帯住宅を新築された
お客様の声

CUSTOMER'S VOICE

三菱地所ホームで二世帯住宅を新築された
お客様の声をご紹介します。

  • 間取りタイプ

    1階親世帯、2階子世帯上下分離、
    部分共有タイプ

    それぞれの生活時間帯が違うので、上下分離にすればお互いに気を遣わないで暮らせるというメリットがあります。 ただ、一つの屋根の下に暮らすのですから、プライバシーは尊重しながらも日常的に言葉を交わせるような家にしたいと思っていました。玄関と浴室を共有空間にしたことで、「いってらっしゃい」と声を掛け合ったり、お風呂上りにちょっとした会話を楽しんだり、程よい距離間で家族の自然なつながりが生まれました。

  • 間取りタイプ

    左右分離タイプ

    生活時間帯の違いやお互いの来客に気を遣わずに暮らせるよう、子世帯の玄関と親世帯の玄関を分けました。プレイルームのドアを通じて親世帯と子世帯とを行き来できるようになっています。遊びや勉強の合間におばあちゃんのところでおやつをごちそうになったり、おしゃべりしたりするのが子供たちの楽しみなんです。

  • 間取りタイプ

    上下分離、賃貸併用タイプ

    二世帯住宅を建てようと話を進めていた時に、三菱地所ホームさんが賃貸としても活用してはどうですか?と提案してくださって。子世帯が暮らす1階・2階に、完全に分ける形でそれぞれ1戸ずつ1Rの賃貸を計画し、経営している会社の従業員寮として活用することにしました。一番日当たりがいい3階は親世帯に。エレベーターも設置したので上下移動も楽々です。

二世帯住宅の
よくある質問

Q & A

二世帯住宅についての
よくある質問を掲載しています。

二世帯住宅の間取りはどのように決めたらよいですか?

A

まずは世帯ごとのライフスタイルをチェックしてみましょう。来客が多いか少ないか、子育ての状況はどうか、仕事や出社、帰宅時間は…などがポイントです。そのスペースを共有した方がお互いメリットがあるか、別々の方が気兼ねなく過ごせそうか、じっくり相談することが大切です。

完全分離の二世帯住宅の注意点はありますか?

A

水回りやキッチンなど設備が2つずつ必要になるため、部分共有型よりも建築費は高くなる傾向があります。また登記の際、区分所有とすると相続の際に使える特例について注意点がありますのでプロによく相談しましょう。

二世帯住宅の新築費用はどのくらいですか?

A

建物の規模や敷地条件にもよりますが、同じ規模の単世帯住宅と比べてキッチンや水回り、玄関など2つつくる部分があればその費用が上乗せされます。無料相談をご利用いただき、参考プランのご提示後概算費用をご案内することも可能ですので、お気軽にホームコンサルタントへご相談ください。

新築で二世帯住宅を建てる場合、工期は何ヶ月ほどですか?

A

だいたい4カ月~6か月ほどになります。40坪程度で約4カ月、60坪で約5カ月程度の工期となります。建物の規模や敷地条件、間取りによっても工期は変動しますので詳しくはホームコンサルタントにご相談ください。

50年後も100年後も・・・
強さが支える未来の住まい。

世代を超えて家族が住み継ぐためには、「安全・安心」な家づくりが欠 かせません。 三菱地所ホームは、住まう人を安全に守れる家づくり性能 にこだわり、耐震等級3(※)を実現しています。
三菱地所ホームの将来の家族構成やライフステージの変化にも柔軟に対 応できる設計は、自由さと快適さを兼ね備えた住まいとして、世代をこ えてそこに住まう人の幸せを支え続けていきます。

※ 建築条件や計画により取得できない場合があります。