三菱地所ホーム

 

 

 
 

WORKS OF MITSUBISHI ESTATE

実例紹介

構造 木造住宅
階数 2階
敷地面積 200.39m²
延床面積 159.98m²
家族構成 Nさま 奥さま ハム君 サラミ君(愛犬)

二匹目の犬を飼うことになったのが、家を建てようと思ったきっかけでした。それまでは、ずっとマンション住まいでしたが、もう一軒家じゃないと無理かなと。大切な家族である犬たちには、のびのびと暮らしてもらうことが望みでした。

学生時代の仲間や仕事仲間など、共通の友人が集まる“宴会”を恒例行事のよう開催しているのですが、マンションのときは、狭い部屋でひしめきあって、まるで学生の飲み会みたいでした。だから、家をつくるにあたっては、気のおけない仲間が集まりたくなる“ちょっとおしゃれな居酒屋”のような場所にしたいと考えました。

住まいのテーマ

誰もがのびやかにくつろげる空間

2階は光がたっぷり入るLDK、1階は私たち夫婦の寝室と、庭と自由に行き来できる専用のドッグルームがあります。庭から中に入るときは、足をすぐきれいにしてあげられるので便利。

キッチンは、利用シーンを考えて使い勝手にこだわりました。料理を作るのはもちろんですが、みんなで飲むときにはキッチンカウンターに大皿料理を出して、バーカウンターにはお酒を用意。あとは、好き勝手やってね、という感じで、私もゆっくりお酒が飲むことができます。
友人たちが集まると、柴犬のハムとサラミは遊び相手が増えて大喜び。広々としたこの家が気に入っているみたいです。
そういう意味でも、随所のこだわりが活きて、みんなで楽しめる空間になったのではないかと思います。

こだわりポイント

愛犬+大切な家族や
仲間+楽しむ空間=我が家

なんといっても、犬が快適暮らせること。そして、友人らがまるで自分の家のようにくつろいでくれることを大切にしました。

仲間たちにゆったりくつろいでもらいたい、という想いからインテリアを落ち着いたオリエンタル調のホテルのように白とウォルナット色で統一。洗面台もしゃれた感じに仕上げて、非日常を感じられようにしました。

また、庭と自由に行き来できるドッグルームをはじめ、一年中ペットが快適に過ごせるよう全館空調をつけたいとか、ドッグトレーニングをするリビングは十分な広さがほしいとか、犬たちが快適に暮らすためにはどうしたらいいのかということを考えました。

三菱地所ホームで建ててよかったこと

一年を通して快適な空間であること

なんといっても、全館空調システム「エアロテック」を入れられたことです。犬たちにとって、一定の温度・湿度を保つことは、健康を考えても重要なので。もちろん、人間も快適ですよ。真夏の寝苦しさからも開放され、冬の朝の目覚めも良好です。思ったより、電気代もかかっていませんしね。
あとは、スタッフの方々。営業さんは、私たちの話をよく聞いてくれて、適切なアドバスを沢山してくれましたし、設計士の方はインテリアの打ち合わせにもいらして、どんどん意見を言ってくれました。
実は、今でもお付き合いをさせてもらっていて、時々うちの宴会にも来ていただいています。人としてのお付き合いができるって、とてもうれしいですよね。

PHOTO GALLERY

 さらに見る閉じる