【注文住宅で理想の家づくり】建売との比較やメリット・デメリット

目次

注文住宅か建売住宅か悩むイメージ

家を購入するにあたって、注文住宅か建売住宅かどちらにしようか悩む人も多いのではないでしょうか。この記事では注文住宅と建売住宅を比較し、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

1.家族の理想とイメージを実現できる「注文住宅」とは

注文住宅とは、間取りやキッチンのレイアウトなどすべてを自分で決めて建築する家のことです。新たに購入した土地、あるいは家族で所有していた土地に新築の家を建築することになります。

 

注文住宅でも、すべての仕様を自分で決めるフルオーダーと、ハウスメーカーの規格を利用しながら一部の仕様を自分で決めるセミオーダーに分かれます。

1-1.こだわりをすべて体現できるフルオーダー

フルオーダーはセミオーダーと比べて自分で決められる裁量が大きく、床や壁の仕様、照明の配置など細かいところまで決められることが特徴です。その反面、全ての仕様を決めるため、打ち合わせ時間がかかり、コストがかかる傾向にあります。

ただし、注文住宅のフルオーダーはメーカーごとに自由度が異なるため、実際に決められる範囲はメーカーごとに確認が必要です。

 

なお、三菱地所ホームの自由設計なら1mm単位での調整が可能。こだわりをすべて反映させた家づくりをサポートします。

1-2.予算を抑えてカスタマイズするセミオーダー

セミオーダーは、ある程度使用できる素材や設備が決められている注文住宅です。間取りは自由に決められる場合もあれば、規格の中から選ぶ場合もあります。

 

素材の選択肢が限られている分、まとめて仕入て値段を抑えるなどの工夫ができるため、注文住宅の中でもやや価格を抑えられる点が特徴です。こだわりたいところとそうではないところのメリハリがある場合、セミオーダーにすることで、打ち合わせの負担を軽減しつつ、自分らしい家を実現できます。

三菱地所ホームならセミオーダーでもお客様の予算感やこだわりの度合いに合わせたご提案が可能です。

2.注文住宅と建売住宅の違いは?

注文住宅と建売住宅はさまざまですが、表にすると以下のような違いがあります。

注文住宅と建売、それぞれの特徴を把握したうえで、自分たちに合う方法を選択する必要があります。

3.建売住宅は時間をかけずローコストで購入できる

建売の場合、大量仕入れなどによりコストを抑えやすいため、注文住宅と比べるとローコストで購入しやすいのが特徴です。ただし、立地や住宅のクオリティを追求していけば、建売住宅でも購入費用は上がります。

 

コスト面よりも確実なのは、契約時点で家が完成しているため、間取りや壁などの仕様を決めるための打ち合わせの時間が必要ないことです。

また、完成した家を自分の目で確認してから購入できるため、安心して購入するかどうかの判断ができます。

4.注文住宅で家を建てるメリット

オーダーグラン赤坂のリビング

オーダーグラン赤坂 のリビング。

注文住宅には家づくりにおけるさまざまなメリットがあります。ポイントごとに解説します。

4-1.他にはない自分たちだけのデザインにできる

注文住宅はデザインの自由度が高く、他にはない、自分たちの個性を反映した家が建てられる点が魅力です。空間のデザイン、吹き抜けの有無、窓の形、リビングの広さなど、自分たちのこだわりを実現できます。

 

家は一生に何度も購入するものではないからこそ、自分たちらしい家を建て、愛着を持って住める家を作りたいものです。注文住宅であれば、そのようなこだわりを実現できます。

4-2.無垢のフロアなど素材から選べる

注文住宅は間取りだけでなく、床や壁の素材から選ぶことが可能です。長い時間を過ごす家だからこそ、身体にやさしい素材を選ぶことで、毎日を快適に過ごせます。

 

無垢材はその質感だけではなく、フィトンチッドという自律神経を安定させる、リラックス効果のある成分に包まれて生活できる点もメリットです。

また、自然素材は年月を経たときに味わいが生まれるのも魅力です。

4-3.こだわりのキッチンをはじめ好きな設備で揃えられる

注文住宅のこだわりのキッチン

駒沢ステージ1ホームギャラリーのキッチン。

注文住宅の場合、キッチンやお風呂、トイレなどの設備も自由に選択できます。たとえば、キッチンはグレードだけではなく、キッチンの位置や形状によって、使い勝手が大きく変わるものです。

 

近年はスタイリッシュなデザインのキッチンが増えているため、あえて隠さずにキッチンが中心の家づくりをする人もいます。

お風呂やトイレであれば快適性や掃除のしやすい機能的なものも選択でき、設備のこだわりを反映させられます。

4-4.平屋などライフスタイルに合った家を実現できる

注文住宅はライフスタイルに合わせた建て方ができる点も魅力です。建売の場合、ある程度「一般的なライフスタイル」に合わせる形となり、家にライフスタイルを合わせる形になってしまうことがあります。

注文住宅であれば、「3人家族だから平屋がいい」「愛犬が遊べる広い庭がほしい」「趣味部屋や書斎がほしい」など、家族のライフスタイルにぴったりとフィットする家を実現できます。

4-5.建築過程を確認できる

注文住宅は間取りや仕様を決定してから建て始めるため、建築過程を確認できます。家の基礎や構造ができていく様子から確認でき、家として完成されていく様子を直接見ることで、家づくりの楽しさを感じられます。

 

建築過程で「ここはもっとこうしたい」ということがあれば取り入れられる場合も。職人にも「よい仕事をしないといけない」というプレッシャーが与えられるため、欠陥住宅のリスクも予防できます。

4-6.将来のリフォームにも対応しやすい

注文住宅は将来のリフォームを見据えた設計ができ、スムーズなリフォームがしやすい点が特徴です。あらかじめ追加工事がしやすいよう間取りを作っておくことで、将来の増築や間取りの変更にも無理なく対応できます。

 

手を入れて何世代にも渡って住み続けられる家を作れば、間取りや流行りにもよるため、一概にはいえませんが、建売よりも資産価値が下がりにくくなり、資産価値が高い家になるでしょう。

4-7.予算を自分で調整できる

注文住宅は予算配分を自分で調整できることが魅力です。お金をかけるところと抑えるところを自分で決められるため、自分のこだわりに合わせつつ、予算を調整できます。

5.注文住宅を新築するデメリット

注文住宅は多くのメリットがありますが、いいことばかりではありません。デメリットも把握したうえで、適切な選択をしましょう。

5-1.入居までに時間と労力がかかる

注文住宅の場合、建売よりも工程が多く、どうしても時間がかかる点がデメリットです。具体的には、ハウスメーカー選びから土地探し、プランの相談、住宅ローンの手続きなどが含まれます。土地探しから行う場合は不動産会社も合わせて選ぶ必要があり、より手間がかかってしまいがちです。

 

このように、注文住宅は工程がたくさんありますが、その分「家づくり」を楽しめるということでもあります。こだわりの家づくりが、家族の一生の思い出にもなるでしょう。

5-2.ハウスメーカーや設計事務所を選ぶのが大変

注文住宅で理想の家づくりを実現させるには、信頼できるハウスメーカーや設計事務所を選ぶ必要があります。住宅展示場に足を運び、メーカーごとの強みや自由度の高さについて確認する作業に労力がかかります。

 

注文住宅といっても、メーカーによって標準仕様があり、設計できる範囲に制限がある場合もあるため、しっかりと確認することが大切です。

5-3.ローンを一つにまとめられない

注文住宅は土地代や建築費用のほかに諸費用がかかり、資金計画が複雑になりやすい点がデメリットです。住宅ローンは建物の完成まで利用できないことが多く、複数のローンを必要とすることがあります。そのため、「つなぎ融資」や「土地先行融資」を利用しなければいけないケースがほとんどです。

 

注文住宅の場合は、ローンの組み方についてもハウスメーカーの担当者と相談しながら、二人三脚で綿密な計画を立てて、進める必要があるでしょう。

6.注文住宅で魅力あふれる我が家を

注文住宅の家は自分の要望を叶えられる点が魅力ですが、信頼できるハウスメーカーを見つけることが大切です。三菱地所ホームであれば、完全自由設計でこだわりをすべて実現できます。

 

また、全館空調により、家全体を快適な環境に整えられるため、他のハウスメーカーでは難しいような大胆なデザインと快適性の両方を実現させられる点も魅力です。ぜひ三菱地所ホームのホームギャラリーに足を運び、その快適さとデザインを五感で体験してみてください。