【ペットと暮らす家を建てる】おしゃれな建築事例と快適さを叶える工夫

目次

家族と犬の画像

家を建てるなら、「ペットも人もみんなが快適に暮らせる家にしたい」と考えている人も多いはずです。すでにペットを飼っている人はもちろん、晴れて一軒家に引っ越したら、「真っ先にペットを飼いたい!」と考えている人もいるでしょう。せっかく家を建てたのに、いざ住み始めてから、「こうしておけばよかった」と後悔するようなことを避けたいものです。ペットと暮らすには、どのような点を考慮して家づくりをすればよいのでしょうか?家族みんなで快適に暮らすためのポイントや、建築実例をご紹介します。

1.大事な家族と暮らすために気をつけたいこと

犬とくつろぐ画像

ペットと人が、お互いに気持ちよく暮らすためにはどのような点に気をつければよいのか?そのポイントをご紹介します。

1-1.ペットの安全対策

・床は滑りにくいフローリングに
ツルツル滑る床は、犬や猫にとって想像以上に歩きにくいもの。転倒や関節の怪我の原因にもなりやすいので、注意が必要です。無垢材など滑りにくい材質の中から検討する、特殊コーティングを行うなどして、滑りにくい床材を選びましょう。引っかき傷がつきにくく、汚れがサッととれる材質であれば、お手入れの面でも安心です。最近ではやペット専用フローリングを発売している床材メーカーなどもありますので、計画時にはハウスメーカーに確認してみるとよいでしょう。

 

・段差は低く、ペットの居場所は1階に
階段の昇り降りは、ペットの腰に大きな負担がかかります。可能であれば、ペットの居場所は1階につくるよう設計します。また、段差もできるだけ低くするよう配慮しましょう。

 

・地震に強い家に
家族の一員としてペットを飼う人が増えているにも関わらず、災害時の避難所では、ペット同伴不可というところが大半です。もしものときに備えて、ペットも含めた家族全員が安全に住める「地震に強い家」をつくり上げることも大切です。

1-2.ペットの臭い対策

部屋の中でペットを飼う際に一番気になるのが、「臭い対策」。飼い主からすると、家族の一員である可愛いペットの臭いはさほど気にならないかもしれません、来訪者にとってペットの臭いは非常に気になるところです。せっかく新居に友人を招いても、「臭いが不快で楽しんでもらえない」というケースもあり得ます。

 

犬は体臭、猫は尿臭が強いのが特徴です。有効な対策としては、犬は小まめにシャンプーをして体を洗ってあげること。一方、猫には体臭がほとんどありません。その代わり、猫は尿臭が強いので、トイレ周りの掃除や消臭を重点的に行いましょう。ペット臭は、アロマや芳香剤でごまかすよりも、こまめに換気をして空気を入れ替える方が効果的です。ペット専用の消臭芳香剤もあるので、うまく活用するのも一つです。

1-3.快適な空調設備

犬種による差はあるものの、犬は基本的に暑がりです。愛犬が長く過ごす場所は、できるだけ涼しい場所、エアコンが効きやすい場所を選ぶようにしましょう。犬を飼う前提で家を建てる場合は、ケージをどこに置くか、事前に最も良いポジションを決めておくのがよいでしょう。夏場に特に心配なのが、熱中症です。夏の昼間にペットが留守番する際にも、少しの時間だからと油断せずエアコンはつけたままにしておきます。

 

ペットと人がいつも安心して快適に過ごすためには、常に適切な室温を心がけることが大切となります。自動的に一定の湿度、室温が維持できるような空調設備を検討してみるのもおすすめです。

2.ペットと快適に暮らすための工夫や間取り

犬と猫の画像

「ペットが気持ちよく生活できる環境を用意してあげたい」と思っても、人が快適だと思う環境とペットの快適さは必ずしも同じではありません。犬や猫にとって暮らしやすい、快適な環境を用意するために工夫できるポイントをご紹介します。

2-1.犬の場合

犬は、自分のテリトリーを決めたがる生き物であることを良く理解してあげましょう。常に家族の顔が見える場所にケージを設置したり、ドッグルームをつくるなどして、自分の居場所を用意してあげることで安心できます。おすすめの場所は、やはりリビング。リビングのどこかにケージが設置できるような間取りを考えるのがおすすめです。

 

人間に合わせてつくられた階段の昇り降りは、犬にとっては重労働で足腰に大きな負担がかかります。小型犬であればなおさらです。犬の居場所は1階に設置するようにしましょう。普段は放し飼いでも問題ありませんが、来客の際などにも安心できる居場所が必要です。庭とリビングの近くにケージやドッグルームがあれば、行き来もしやすく快適でしょう。間取りを考えるときに良く検討してみることをおすすめします。散歩後にさっと足を洗えるように、あらかじめ足洗い場を用意しておくことも重要です。

2-2.猫の場合

猫は好奇心旺盛な生き物なので、自由に家中を動き回りたいと思っています。とくに、上下運動を好むので、自由に高いところへ行き来できるような仕掛けや工夫が必要となります。いわゆる「キャットタワー」を設置するほか、家具を階段状に並べるなどの方法も。猫が飛び乗っても十分な強度があるかをしっかり確認しましょう。夜間も自由に部屋を移動できるように、猫専用の小さな「キャットドア」を取り入れるのもおすすめです。ただし、猫の成長、体形に合っていなければ通り抜けられないので、検討の上計画しましょう。

 

また、縄張りをアピールするために行うのが、猫特有の爪とぎ。専用の爪とぎ場所を設けたからといって安心できないので、好んで爪とぎする場所に都度移動できるタイプを用意しておくと便利です。放っておくと家中ボロボロになってしまうこともあるので、猫が爪をとぐところを麻縄で保護するなどの対処も必要です。

3.ペットとの暮らしを実現した建築実例

ペットと人が心地良く生活できる家。そんな暮らしを実現した建築事例をご紹介します。

3-1.庭と自由に行き来できる専用のドッグルーム

ペットと暮らす家の実例

【建築実例O様邸】

「大切な家族である犬たちには、もっとのびのびと暮らしてもらいたい」との願いから、長年のマンション暮らしから一軒家に転居した事例です。こだわったのは、「犬たちが快適に暮らすためにはどうしたらいいのか」ということ。1階に、庭と自由に行き来できるドッグルームを設けました。長年住んでいたマンション暮らしでは考えられないくらいの快適さを感じているそうです。庭から中に入るときは、足をすぐきれいにしてあげられるのもうれしいポイント。

 

犬たちが一年中快適に過ごせるようと、全館空調もつけられています。ドッグトレーニングをするリビングは十分な広さを確保するなど、随所から犬への愛情を感じるお宅です。

3-2.「ペットの臭いがしない」ゲストもうれしい全館空調

ペットと暮らす家の実例

(オーナーさま邸)

「猫たちがストレスなく暮らせる家にしたい」という思いから、全館空調の「エアロテック」の家を選んだこちらのお宅。愛猫との暮らしでどうしても気になるのが、「臭い」の問題です。「エアロテック」は、常に換気して室内をきれいな空気にしてくれる優れものです。1日中空気のお掃除をしてくれるおかげで、猫の尿臭も驚くほど気にならなくなりました。お友達をお招きしても「ペットの臭いが全然しない」とびっくりされるほど。猫たちが壁で爪どきをしなくなったのも、きっとストレスのない快適な家で過ごせているからでしょう。

 

「エアロテック」は、家中を換気しながら、部屋を清潔な空気と快適な室温で満たす全館空調システムです。ペットのために1年中適温を維持しながら、電気代を抑えられる点も魅力。オプションで、ペット用の消臭フィルターを付けられるのも安心です。

4.ペットも人も家族みんながのびのびと暮らせる家を

さいたま新都心ホームギャラリー

(さいたま新都心ホームギャラリー)

ペットは大切な家族の一員なので、できることなら人もペットも快適に暮らせる住まいを目指したいと思うでしょう。三菱地所ホームが提案する全館空調システム「エアロック」は、24時間365日、快適な室温・湿度を維持しながら、常時換気することで常に新鮮な空気を取り入れることが可能です。「ペットも人も、みんながのびのび快適に暮らせる家に住みたい」という夢を実現できます。ぜひ一度、お近くのホームギャラリーで、全館空調システム「エアロテック」を体感してみてはいかがでしょうか?

 

【来場予約はこちらから】