三菱地所ホーム

 

 

 
 

WORKS OF MITSUBISHI ESTATE

実例紹介

約一年にも及ぶ長いプランニング期間を経て、使いやすさや理想とする暮らしを実現するためのアイデアがたくさん盛り込みました。旧邸からの建て替えた住まいは以前にも増して明るく開放的でリゾート感を覚えます。春になると窓から満開の桜を眺めながらくつろぎの時間を愉しんでいます。

屋根の形状が印象的な住まい

建て替えを決めた際、住宅雑誌で見かけた三菱地所ホームのホームギャラリーのイメージをモチーフに外観デザインを決めました。
淡い色の塗り壁で仕上げ、自然石を使用した玄関の部分は、外観のアクセントとなっています。ゆったりとした長いアプローチは幅が広く、横の擁壁を低くしたことで圧迫感がありません。たっぷりの光を取り込む縦長の窓がお気に入りです。

エアロテックを生かした空間づくり

トイレやクローゼット以外にはドアがなく、各部屋は開放的な空間に。明るい吹き抜けと、一面に貼られた自然石や大理石が美しいエントランスホール。スリットの窓や格子から漏れる光と、真っ白な空間が清潔感や優雅な印象を与えホテルのようなイメージに。玄関に立つと見える格子は、目線を遮りながらも人の気配が感じられます。
また、リビングと玄関や階段、ダイニング・キッチンの間は広がりを感じる1つの大きな空間になっています。
特にダイニング・キッチンとリビングの間にあるつなぎの空間は掃き出し窓により日当たりが良く、ゆったりくつろぐことができます。

こだわりのダイニング・キッチン

東京と大阪のホームギャラリーを全て見学した中、ギャラリーのキッチンに一目惚れ。ダイニング中心だったプランからキッチンにもウエイトを置いたプランに変更しました。シンクの位置や収納は使いやすいようにオーダーし、一つの家具としてキッチンによく溶け込んでいます。その他にも窓際の収納、ダイニングテーブルなど希望をすべて叶える造形家具にとても満足しています。

四季を味わう窓辺

玄関を入って正面に位置するリビング。大きな窓から外の景色が見える気持ちよいこの空間に、好みの家具をコーディネートしました。
春には裏庭の満開の桜が望めます。1階2階の居室からも同じ桜が眺めることができ、特に2階では窓の景色が一面桜になり、毎年この季節を楽しみにしています。

集中力が高まる静かで落ち着きのある仕事空間

前邸ではリビングの半分が仕事場。奥様が友人を招いてもリビングは狭い上、隣で仕事をしているので落ち着かず、友人にも気を遣わせてしまいました。その経験から仕事場とライフスペースは分けたいと考えました。

建築規制により3階がつくれなかったため、地下に設けた主人の仕事場は、静かで落ち着いた空間になりました。裏庭から階段でつながり、通常一段の擁壁を二段にすることで、暗くなりがちな地下部分へもたくさんの光を取り入れています。

使いやすさ・暮らしやすさの工夫

住まいの中心にある階段は、設計当初は開放的な階段でしたが、玄関やキッチンからの目線を配慮して現在の階段に変更。格子状の透かしを入れることで明るく圧迫感を抑え、人の気配も感じることができます。
また、階段の周囲には車いすなど将来の暮らし方を考慮して幅広の導線を確保し、エレベーターの設置場所も設けています。その他にも、脱衣入れや乾燥機と一体化させたオーダー化粧台のある洗面室など、使いやすさ、暮らしやすさに配慮されたアイデアがたくさん詰まった住まいです。

PHOTO GALLERY

 さらに見る閉じる